トップページ > 組織でさがす > 建築住宅課 > 空き家等定住促進利活用補助

空き家等定住促進利活用補助

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月13日更新

 市では、市内の空き家等の有効活用と、市外からの移住・定住者などUIJターンを加速させるため、空き家等のリフォームにかかる費用の一部を補助します。

対象者

次の条件をすべて満たす方

  • 市外からの移住者であること
  • 当市へ5年以上定住する意思があること
  • 空き家を所有(見込みを含む。)していること
  • 市税に未納がないこと

(注)Uターン者の場合は、当市から転出し1年以上経過していること

対象経費

施工業者に発注して実施するリフォーム工事費

(対象工事の例)

  • 住宅の一部の改築または増築工事
  • 手すりやスロープの設置
  • トイレの入替や洋式化
  • LED照明器具の設置
  • 天井や壁、ふすまの張替
  • 給湯器やシステムキッチンの入替
  • 塀や門、既存乗入口の舗装
  • 公共下水道等への接続
  • 外壁の張替や塗装  など

(注)次の費用は対象外となります。

  • 設計に要する費用
  • 外構工事に要する費用
  • 家電製品、家具等の購入費用

補助条件

次の条件をすべて満たす必要があります

  • 申請日からさかのぼって1年以内の間に空き家を購入し、かつ上越市に転入(予定)していること。
  • リフォーム工事を行う空き家等の設置義務がある箇所に、住宅用火災警報器を設置していること。
  • 公共下水道等が供用開始されている区域にある住宅については、申請時において公共下水道等に接続済み、または補助対象工事で接続すること。
  • 住宅の適正な維持管理に努めること。

補助額

基本額

リフォーム工事に係る費用(20万円以上)の3分の1を補助(上限50万円)

加算額

  • 子育て世帯(妊婦含む)、県外からの移住者、市が定める誘導重点区域内への移住者には、それぞれ10万円を加算
  • 市が定める誘導重点区域内への移住者が公共下水道接続工事を行う場合は接続費用の3分の1を加算(上限30万円)

その他

詳しくは、建築住宅課 住宅対策係までお問い合わせください。