トップページ > 組織でさがす > 建築住宅課 > 木造住宅の耐震診断の補助について

木造住宅の耐震診断の補助について

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年4月1日更新

 市では、市民の防災意識の向上を図り、地震による被害を軽減し、災害に強いまちづくりを推進するための一環として、「木造住宅耐震診断支援事業」を行っています。
 本事業は、木造住宅の耐震診断を希望する市民の方に、木造住宅耐震診断員を派遣し、耐震診断費の一部を市が補助するものです。

対象住宅

市の区域内に存するもので、下記の事項にすべて該当する住宅です。

建築時期

昭和56年5月31日以前に着工されたもの

建物

  • 木造一戸建ての個人住宅で、自ら所有(共有)し、居住している建物 
    併用住宅の場合は、延べ面積の過半の部分が住宅の用に供されていること。
  • 構造は木造軸組工法
    ツーバイフォー、丸太組、プレハブ工法等及び特殊工法は対象外です。 

規模

階数は2階建て以下

その他

  • 以前に上越市の耐震診断の補助を受けていないこと。
  • 市税を完納している人

 建物の形状により、2棟分の耐震診断の計算が必要となる場合は、母屋となる部分のみが耐震診断の補助対象となります。

診断費及び補助額

対象建築物の延べ床面積

耐震診断費

負担割合

自己負担額

市補助額

265平方メートル以下の場合

80,000円

10,000円

70,000円

265平方メートルを超え~330平方メートル以下の場合

90,000円

20,000円

330平方メートルを超える場合

100,000円

30,000円

募集件数

20件(多数の場合は抽選となります。)

申込締切り

平成28年5月10日(火曜日)まで

募集件数に満たない場合は、平成28年11月25日(金曜日)までを限度に、先着順で決定させていただきます。

事業の実施時期

診断は6月上旬から実施予定

診断者

  • 上越市木造住宅耐震診断員養成講習会等を受講し、修了した人を「上越市木造住宅耐震診断員」(以下、「診断員」という。)として登録してあります。
  • 耐震診断の申込があった場合、登録されている診断員の中から選任し、耐震診断を行います。

調査内容等

  • 上越市木造住宅耐震診断マニュアルに基づいて「診断員」がお宅に伺い、耐震診断を実施します。
  • 診断員は2名で伺い、調査します。
  • 現地では、調査時間は2時間程度必要です。
  • 調査は、目視調査で破壊は行いません。
  • 筋かいの有無、柱、土台及び基礎の状況を調べるため、床下や天井の点検口などから覗き、可能な範囲で調査を行います。
  • 調査項目は建物の概要調査、地盤・基礎調査、経年劣化調査等を行います。
  • 診断結果については、診断員が現地で調査した内容をまとめ、一般社団法人新潟県建築士会上越支部で組織する耐震診断判定会の審査を受け、耐震診断報告書として、診断員が再度、説明に伺います。

申込方法

申請書に必要事項を記載のうえ、建築住宅課まで提出してください。

 申請書(診断) [Wordファイル/47KB] / 申請書(診断) [PDFファイル/88KB]

ご注意

上越市木造住宅耐震診断においては、申込を受けてから、診断員が耐震診断に伺います。診断員は、市長印を押した身分証明書を持っています。不審な訪問等についてはご注意ください。