トップページ > 組織でさがす > 健康づくり推進課 > 毒キノコによる食中毒に注意しましょう

毒キノコによる食中毒に注意しましょう

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年10月22日更新

きのこ狩りの季節となり、毒キノコによる食中毒の発生が心配されます。

食用と正確に判別されないキノコは絶対に「採らない」、「食べない」、「人にあげない」ようにしましょう。

キノコによる食中毒の予防ポイント

食用と正確に判断できないキノコは絶対に食べないようにしましょう

  • 勝手に鑑定しないこと。
  • 食用か判断できない場合は、専門家や上越保健所へ確認しましょう。

「キノコにまつわる言い伝え」を絶対に信じてはいけません

  • 「柄が縦に裂ければ食べられる」「ナスと一緒に料理すれば食べられる」「虫が食べているキノコは食べられる」

    などの言い伝えは信用しないでください。

スギヒラタケにご注意を

スギヒラタケの摂取歴のあった急性脳症の患者が報告されています。

急性脳症との因果関係が否定できないスギヒラタケについて、原因が解明されるまでは摂取を控えるようにしてください。

キノコを食べた後に体の異常を感じたら

中毒症状が現れた場合、早急に医療機関で受診してください。

その際、原因と思われるキノコを持っていくようにしてください。

毒キノコによる食中毒に関する情報