トップページ > 組織でさがす > 企画政策課 > 地域再生計画について

地域再生計画について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年6月14日更新

地域再生計画について

  • 地域再生計画は、地方公共団体が行う自主的かつ自立的な取組による地域経済の活性化や雇用機会の創出など地域の活力の再生を総合的に推進するため、地域再生法に基づき内閣総理大臣が認定する計画です。
  • 市では地域再生計画の認定を受け、地域再生法に基づく支援措置を活用しながら、上越市まち・ひと・しごと創生総合戦略の着実な推進を図っています。

当市の認定地域再生計画について

城下町高田の歴史・文化をいかした「街の再生」コンパクトシティによるまちづくり

全体概要

 本事業は、城下町としての歴史を有し、様々な都市機能が集積している中心市街地の高田市街地において、多様な事業者や市民活動団体との協働により、城下町の町割りに由来する土地利用上の課題を克服し、人口減少社会に対応した「街なか居住」を促進するとともに、市街地に点在する有形・無形の歴史・文化遺産の活用を通じた「街なか回遊観光」による経済基盤の強化や市内外との交流を促進することにより、コンパクトシティの考え方に基づく持続可能なまちづくりを一体的・重点的に推進するもの。

  • 認定日:平成28年8月30日認定(第39回)
  • 計画区域:上越市の区域の一部(高田地区)
  • 計画期間:認定日から平成33年3月31日まで
  • 支援措置:地方創生推進交付金、地方創生拠点整備交付金

  地域再生計画(第39回) [PDFファイル/310KB]

雪室・利雪による地域産業イノベーション

全体概要

 推進組織が地域の食品事業者や農業者の参加を図りながら、財団やマーケティング・経営のプロ人材、地域の関係者等と連携し、官民を挙げて雪室商品と雪下野菜の市場開拓・拡大と地域のブランド化に取組む。
 市では地方創生推進交付金等を活用し、その自立的な取組を新潟県や市内大学等と連携しながら支援するとともに、農業全体の活性化と稼ぐ力の向上、雪国の魅力発信による観光振興、さらには移住促進を目指し、地域間連携や政策間連携を推進する。

  • 認定日:平成28年8月30日認定(第39回)
  • 計画区域:上越市の全域
  • 計画期間:認定日から平成33年3月31日まで
  • 支援措置:地方創生推進交付金、地方創生拠点整備交付金

  地域再生計画(第39回) [PDFファイル/294KB]

「上杉謙信公のふるさと・上越市」魅力向上事業

全体概要

 謙信公・景勝公が愛用した国宝「太刀無銘一文字(号山鳥毛)」を平成29年度に取得し、平成30年度にリニューアルオープンする総合博物館の展示品の大きな柱とすることで、文化史的価値の極めて高い「国のたから」に触れることができる博物館として集客力の向上を図る。
 併せて、取得に向け、官民一体となった市民活動を通じて、広く市民の皆さんから謙信公が残された「義の心」が改めて認識されるとともに、ふるさとに対する市民の愛着や誇りの象徴のひとつとして後世の市民や地域社会につなげていく。
 取得後は、上杉家や謙信公のゆかりの品々を所蔵する博物館を始め、全国の博物館と連携し、取得する太刀と関連した企画展を開催し、全国各地から刀剣ファンや謙信公の愛刀を見たいという方々、そして毎年25万人を超える春日山城跡へ訪れる観光客などを当館に呼び込むとともに、この入館者を市内の歴史資源に回遊させることで交流人口の拡大を図る。

  • 認定日:平成29年3月28日(第42回)
  • 計画区域:上越市の全域
  • 計画期間:認定日から平成33年3月31日まで
  • 支援措置:まち・ひと・しごと創生寄附活用事業に係る課税の特例

  地域再生計画(第42回) [PDFファイル/285KB]

参考

 県内他自治体の地域再生計画の認定状況についてはこちら
 新潟県地域政策課ホームページ(外部リンク)