トップページ > 組織でさがす > 教育総務課 > 給食用食材の放射性物質検査を実施しています

給食用食材の放射性物質検査を実施しています

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年2月20日更新

給食の安全性を確認し、放射性物質に対する保護者の不安を軽減するため、食材の検査を実施しています。

測定結果

                          
検査日検査品目生産地使用日測定結果使用予定施設
放射性ヨウ素放射性セシウム
131134137
2月20日セロリー静岡県2月21日不検出不検出不検出合併前上越市内の小学校28校
2月20日えのき茸長野県2月21日不検出不検出不検出合併前上越市内の中学校9校
2月20日豚もも肉新潟県2月21日不検出不検出不検出合併前上越市内の小学校28校・中学校9校
2月19日人参千葉県2月20日不検出不検出不検出合併前上越市内の小学校28校・中学校9校
2月19日大根神奈川県2月20日不検出不検出不検出合併前上越市内の小学校28校
2月19日さめ宮城県2月20日不検出不検出不検出合併前上越市内の中学校9校
2月15日人参千葉県2月16日不検出不検出不検出合併前上越市内の小学校28校・中学校9校
2月15日青梗菜群馬県2月16日不検出不検出不検出合併前上越市内の中学校9校
2月14日大根神奈川県2月15日不検出不検出不検出名立区内の小学校1校・中学校1校
2月14日長葱埼玉県2月15日不検出不検出不検出名立区内の小学校1校・中学校1校
2月14日豚もも肉新潟県2月15日不検出不検出不検出名立区内の小学校1校・中学校1校
2月13日えのき茸長野県2月14日不検出不検出不検出合併前上越市内の小学校28校
2月13日牛蒡青森県2月14日不検出不検出不検出合併前上越市内の中学校9校
2月8日人参千葉県2月9日不検出不検出不検出合併前上越市内の小学校28校・中学校9校
2月8日えのき茸長野県2月9日不検出不検出不検出合併前上越市内の中学校9校
2月7日えのき茸新潟県2月8日不検出不検出不検出中郷区内の小学校1校・中学校1校
2月7日人参千葉県2月8日不検出不検出不検出中郷区内の小学校1校・中学校1校
2月6日大根神奈川県2月7日不検出不検出不検出合併前上越市内の中学校9校
2月6日長葱埼玉県2月7日不検出不検出不検出合併前上越市内の中学校9校
2月5日人参千葉県2月6日不検出不検出不検出合併前上越市内の小学校28校・中学校9校
2月5日白菜茨城県2月6日不検出不検出不検出合併前上越市内の中学校9校
2月1日小松菜群馬県2月2日不検出不検出不検出合併前上越市内の小学校28校
2月1日人参千葉県2月2日不検出不検出不検出合併前上越市内の小学校28校と中学校9校
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      
  • 単位はBq/Kg(ベクレル/キログラム)です
  • この検査の検出限界値は、約20Bq/Kgです。検出限界値は、測定する条件や食材によって異なります
  • 「不検出」とは、放射性物質が存在しない、または検出限界値未満であることを表します
  • 学校給食の献立は小学校が3種類(合併前上越市、13区の単独調理)、中学校が2種類(合併前上越市、13区の単独調理)、学校給食センターが1種類(13区の小学校5校、中学校3校)の6つに分かれています
  • 「使用予定施設」は、6つの献立の区分により検査した食材が納入される学校等を上記のとおり表示しています
 検出限界値とは、その分析法や計測機器で検出できる最小値(最小限度)のことをいい、この値は測定環境(自然界に存在する大気中の放射線量)、測定条件(時間、重量等)、検査対象品目によって異なります 

 検査で放射性物質が検出された場合、その食材は給食に使用しないこととし、数値確定のための再検査を実施します

平成30年

平成29年

平成28年

平成27年

平成26年

平成25年

平成24年

検査対象

  • 市立小・中学校及び幼稚園で使用する給食用食材が対象です。
  • 検査食材は、原子力災害対策本部が出荷制限等の前提となる検査を指示した17都道府県(※)を産地とします。(※青森、岩手、秋田、宮城、山形、福島、茨城、栃木、群馬、千葉、埼玉、東京、神奈川、山梨、長野、静岡、新潟)

検査方法

  • 給食に使用する前日までに調査を行います。
  • 各学校・幼稚園で使用する予定の食材から1~4品目を抽出して行うサンプリング検査です。

使用機器

簡易型スペクトロメーター(ベルトールド社製ガンマ線スペクトロメーター Lb2045)

測定結果の公表

検査日の当日に公表します。