上越ものづくり振興センター

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年12月26日更新

 上越地域の産業の経営基盤強化、経営の革新、創業の促進、技術の高度化、人材育成に向けた施策を総合的に実施し、地域産業の発展に貢献する役割を担う上越ものづくり振興センターを開設しました。

所在地・問合せ

〒943-0821 上越市土橋1914-3 上越市市民プラザ2階内
電話:025-522-2666、ファックス:025-522-2678

上越市市民プラザアクセスマップ(画像)

上越ものづくり振興センターの役割

上越ものづくり振興センターでは、企業の経営・革新、技術向上・研究開発、人材確保・育成、販路開拓等に向けた支援策を実施します。

企業の皆さまからの様々な相談を受け、大学、支援機関、関係機関等と連携して解決を図るワンストップ窓口を目指します。(フロー図)

 次の機能を3本柱に事業を推進します

  1. ワンストップ窓口を設置します。
    各支援機関等との連携を強化し、企業のあらゆる相談に対応できる総合相談窓口を設置します。
  2. ネットワーク構築を推進します。
    中小企業支援コーディネーター等による農商工並びに産学、事業者間の連携を推進します。
  3. 人材育成を強化します。
    地域産業の技術の高度化・優秀な人材確保に向け、人材育成のための取組を強化します。

支援内容の図での説明

各支援機関との連携を強化

  • 各支援機関の窓口となる実務者との情報交換を定期的に行い、連携を強化する体制を作ります。

中小企業支援コーディネーターとものづくり振興専門員の設置

  • 中小企業支援コーディネーター 
     技術開発や新たなチャレンジを行う企業の技術的な相談や地域企業のネットワーク構築に関することを中心に、中小企業の業務全般にわたり支援します。
  • ものづくり振興専門員 
     企業と大学、研究機関、産業支援機関等との共同研究、農商工及び事業者間の事業連携等を中心に支援します。

 ともに、技術支援・研究開発に実績がある人材を登用し、数多くの企業と共同研究の経験や幅広い知識、人脈を有しています。新製品の開発や企業と大学、研究機関、産業支援機関等との共同研究、事業連携等について、お気軽にご相談ください。

産学官連携

  • 信州大学 工学部 繊維学部、長岡技術科学大学、新潟工科大学、新潟大学工学部、上越教育大学、長岡造形大学と協定を締結しています。
  • 連携室では、各大学の産学官連携コーディネーターと連携し企業の相談に応じ、産学官の連携を推進します。
  • 地域企業を対象に、大学や公設試験研究機関のシーズや研究成果をテーマとしてマッチングのための交流会を開催します。

上越ものづくりデータベースによる情報発信

 上越ものづくり振興センターでは、地域企業の情報発信と迅速な情報提供を行うため、上越ものづくりデータベースを運営します。