トップページ > 組織でさがす > 生活環境課 > 汚泥リサイクルパーク

汚泥リサイクルパーク

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年7月30日更新

汚泥リサイクルパークとは

し尿、浄化槽汚泥を処理する施設です。
し尿等を処理し、きれいで安全な水となって川に放流され、ふるさとの大切な水資源となります。また、メタン発酵後の汚泥は汚泥発酵肥料「エコプン」として販売しています。
汚泥リサイクルパーク全景(写真)

施設閉館日

土曜日、日曜日、祝日及び12月29日~1月3日

汚泥発酵肥料「エコプン」の販売について

エコプンは上越市民の方に販売しております。
し尿・浄化槽汚泥を発酵させた肥料で、肥料取締法の検査に合格し、普通肥料として商品登録した「汚泥発酵肥料」です。
花壇や畑で元肥として使用すると良く効きます。ただし、臭気がありますので、畑に全面散布して鋤き込むか、植え付け溝に入れて土とよく混ぜてください。
エコプン(画像)
  • 販売日時:月曜日~金曜日、午前8時30分~午後5時
  • 価格:150円(1袋15kg入)
  • 使用量:花壇、畑1平方メートルあたり500gを目安にご使用ください。

町内会や老人会等で公共の花壇等で使用される場合や幼稚園や保育園、小中学校が授業の一環で使用される場合などは無償で頒布いたしますのでお気軽にお問い合わせください。また非営利団体の市民活動、高等学校や福祉団体での使用の際も半額で販売しております。 

施設案内

所在地:上越市小泉947 地図を見る(Googleマップ・外部リンク)

交通機関:バス 大島線上名柄下車、徒歩20分

駐車場:25台、バス3台