公益通報制度

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年10月20日更新

公益通報制度とは

 平成18年4月1日から、公益通報者保護法が施行されました。この法律は、公益通報者を解雇等の不利益な取扱いから保護するとともに、事業者の法令遵守を図るために定められたものです。

公益通報とは

 公益通報とは、労働者が、不正の目的でなく、その勤務先の事業者における法令違反行為が生じ、またはまさに生じようとしている旨を、
 (1) その事業者内部
 (2) その法令違反行為について処分または勧告等をする権限を有する行政機関
 (3) その法令違反行為の発生または被害の拡大を防止するために必要と認められる事業者外部
のいずれかに通報することをいいます。

上越市を通報先とする公益通報

 内部通報

 市の職員等が、市政運営にかかる法令違反行為について通報するものです。市の請負業務や公の施設の管理業務に従事する労働者も通報することができます。
 通報窓口は、総務管理課です。書面または電子メールにより通報してください。
 通報を受理した場合は、市内部に設置している公益通報調査委員会において調査します。

外部通報

 民間事業者に勤務する労働者などが、その事業者における法令違反行為について通報するものです。
 通報窓口は、通報の対象となる法令違反行為についての処分または勧告等を所管する課等です。総務管理課を経由して通報することもできます。書面または電子メールにより通報してください。
 通報を受理した場合は、必要な調査を行い、通報された法令違反行為があるときは、その是正など適当な措置をとります。

関連リンク