トップページ > 組織でさがす > 税務課 > 平成29年度個人市民税・県民税の特別徴収(給与天引)について

平成29年度個人市民税・県民税の特別徴収(給与天引)について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年5月30日更新

給与特別徴収とは

給与特別徴収とは、市・県民税を給与からの天引きにより納めていただく方法です。
給与所得者は原則的に給与から天引きにより納付していただきますが、アルバイト・パート・契約社員等の場合は給与天引きを行わない事業所もあります。詳しくは勤務先にご確認ください。

給与特別徴収の時期

年税額を12回に分け、6月から翌年5月までの給与から天引きします。

年度途中に就職した人について、金融機関窓口納付(口座振替)から給与天引きに切り替えることもできます。勤務先にご確認ください(納期限が過ぎている分については切り替えることはできません)。

事業所の担当者の方へ

転勤や退職した場合は市に届け出が必要です。「特別徴収のしおり [PDFファイル/1.13MB]」をご覧ください。

平成28年1月1日以降の提出分から、以下の様式について、法人番号の記載が義務付けられました。提出される際は、こちらの様式をご使用ください。

これら各種届け出については、電子での提出もできます。詳細は、Eltax(エルタックス)地方税ポータルサイトシステムのサイト(外部リンク)をご覧ください。