トップページ > 組織でさがす > 農政課 > 新規就農者等定住転入促進事業について

新規就農者等定住転入促進事業について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年10月19日更新

新規就農者等定住転入促進事業とは

 市外から転入し当市で新たに就農する方や就農に向けた研修を受ける方を支援します。
 また、当市で農業を始めたい方を対象におためし農業体験を実施します。

 新規就農者パンフレット(就農サポートガイド) [PDFファイル/4.4MB]

主な支援内容

新規就農者住居費補助

アパート代等の住居費を支援

補助額:家賃月額(共益費除く)の2分の1以内(補助上限額2万円/月、最大12か月)
対象:次の要件をすべて満たす方

  • 平成28年4月1日以降に当市に転入した満50歳未満の方
  • 市内で独立・自営就農または市内の農業法人等に就業、もしくは、就農に向けた研修を受講している方で、その期間が3年を超えないこと
  • 市内の賃貸住宅に居住している方

大型特殊免許等取得費補助

大型特殊・大型けん引免許の取得費を支援

補助額:免許取得費(大型特殊及び大型けん引)の2分の1以内(補助上限額5万円) 大型特殊免許及び大型けん引免許で最大10万円を支援 
対象:次の要件を満たす方

  • 平成28年4月1日以降に市内で独立・自営就農または市内の農業法人等に就業、もしくは、就農に向けた研修を受講している満50歳未満の方で、その期間が3年を超えないこと

農業用機械購入費補助

農業用機械の購入費を支援

補助額:農業用機械購入費の2分の1以内(補助上限額50万円) 上限額を超えない範囲で複数回利用可能、中古でも可 
対象:次の要件を満たす方

  • 平成28年4月1日以降に市内で独立・自営就農をしている満50歳未満の方で、その期間が3年を超えないこと

おためし農業体験

  当市で就農を考えている市外在住で満50歳未満の方を対象に、2泊3日でおためし農業体験を実施します。

体験できる農業分野

  1. 水稲:(主な体験内容)耕うん・代かき、田植え、稲刈り等
  2. 園芸(トマト、ナス等):(主な体験内容)定植、収穫、選別・箱詰め等
  3. 果樹(ぶどう等):(主な体験内容)剪定、収穫、棚補修等

体験内容は、体験先及び時期により異なります。

行程 

日にち及び体験内容は調整の上、2泊3日で実施します。

  • 1日目 (午前)上越市到着 (午後)農業体験
  • 2日目 農業体験
  • 3日目 (午前)農業体験 (午後)帰路

体験に必要な長靴や軍手、道具等及び2日目、3日目の昼食は、受入れ先で用意します。

参加する方に対する支援

(1)宿泊費補助:市内の宿泊施設を利用した場合に宿泊費を支援

  • 補助額:宿泊費の2分の1以内(補助上限額1泊5千円) 2泊まで
  • 対象:市外在住の満50歳未満の方

(2)レンタカー利用料補助:市内の宿泊施設を利用し、レンタカーを利用した場合に使用料を支援

  • 補助額:レンタカー使用料の全額(補助上限額1万6千円)
  • 対象:市外在住の満50歳未満の方

(3)保険料

  農業体験に係る保険は市が加入

各種様式

1.新規就農者等定住転入促進事業補助金交付要綱

2.新規就農者等定住転入促進事業申請書類

3.おためし農業体験申請書類