トップページ > 組織でさがす > 環境保全課 > 上越市地球環境学校

上越市地球環境学校

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年7月4日更新

地球環境学校とは

 上越市の西部中間山間地域に位置する地球環境学校は、平成11年に廃校となった旧中ノ俣小・中学校を利用し、フィールドである豊かな里山の自然、そしてそこにくらす人々が先生の体験型学習施設です。棚田や炭焼き小屋、萱葺き屋根のある懐かしい風景の中に息づく人々のくらしは、現代私たちが忘れてしまっている、自然とともに生きる姿を思い出させてくれます。里山の自然を楽しみながら、自然の大切さを学ぶことができますので、学校、ご家族、個人、各種団体、グループなど、どなたでもご利用いただけます。

施設案内

所在地

〒949-1742 上越市大字中ノ俣4652番地2

利用時間

午前8時30分~午後5時

休館日

月曜日(祝日の場合は翌日)、祝日の翌日、12月29日~翌年3月31日

連絡先

電話(ファックス兼) 025-541-2310

利用人数

150人程度まで(宿泊の場合は45人程度まで)

利用料金

無料(プログラムによって材料費等を負担していただく場合があります)

その他

貸出品:寝袋、調理器具、屋外学習用備品(無料)
送迎:市内小中学校が利用する場合は、予算の範囲内でバス代の半額を補助しますので、ご相談ください。
施設のイメージ写真(写真)

ふれる・感じる・学ぶ・ふりかえる

 地球環境学校の体験プログラムは、すべてオーダーメイドです。ご利用いただく方の希望やテーマをうかがい、スタッフが季節やフィールドに沿ってコーディネートします。

地球環境学校のプログラム(イメージ画像)

ふれる

 「山・川・集落」それぞれのフィールドでの体験を通じて、里山にふれます。

感じる

 体験を通じてふれた里山の暮らしのあり方を現代の自分たちの生活と比べることで、その急激な変化について、またそれが環境に与えている影響について感覚として捉えます。

学ぶ

 さらに、地球規模の環境問題の現状を知ることで、現代の私たちの生活が引き起こす自然環境や世界への影響について学びます。

ふりかえる

 自分たちが今起こすべき行動について考えます。また地球環境学校での体験に振り返り、日本人の伝統的な暮らしの知恵と心からヒントを得ます。

アクティビティ

地球環境学校では、100を超えるアクティビティをご用意しています。
詳細は「地球環境学校アクティビティ」をご覧ください。

中ノ俣の紹介

フィールドである中ノ俣について紹介しています。
詳細は「中ノ俣の紹介」をご覧ください。

来校者レポート

来校された方々の活動状況を紹介しています。

アクセス

アクセスマップ(地図)

お車の場合

  • 東京から 
    東京~(関越自動車道:約1時間)藤岡~(上信越自動車道:約2時間30分)上越高田
  • 名古屋から 
    名古屋~(中央自動車道:約3時間)更埴~(上信越自動車道:約1時間)上越高田
  • 大阪から 
    大阪~(名神高速道:約1時間)米原~(北陸自動車道:約4時間30分)上越

上越高田インターチェンジ、または上越インターチェンジを降り、山麓線の大貫交差点から車で約30分です。

電車の場合

  • 東京から
    東京~(北陸新幹線:約1時間50分)上越妙高
  • 名古屋から
    名古屋~(中央本線:約2時間30分)長野~(北陸新幹線:約20分)上越妙高
  • 大阪から 
    大阪~(北陸本線:約2時間50分)金沢~(北陸新幹線:約1時間)上越妙高

所要時間はあくまで目安です。交通状況など諸事情により変わります。

様式ダウンロード