軽自動車税

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月1日更新
 軽自動車税は、原動機付自転車、小型特殊自動車、軽自動車および二輪の小型自動車が対象となります。
納税義務者は、4月1日現在の所有者、または使用者です。年度途中で登録あるいは廃車しても、月割の課税や還付はありません。
 市役所で登録や廃車の手続ができる車種は、125cc以下の原動機付自転車と小型特殊自動車です。

車種および税率

原動機付自転車や125cc以上のバイクなど

車種区分税率(平成28年度から)
原動機付自転車50cc以下2,000円
50cc超90cc以下2,000円
90cc超125cc以下2,400円
ミニカー3,700円
軽二輪(125cc超250cc以下)3,600円
小型二輪(250cc超) 6,000円
小型特殊自動車農耕作業用2,000円
その他5,900円
トレーラー3,600円

四輪車等

車種区分平成27年3月31日までに
新規登録した車両:
現行税率のまま
平成27年4月1日以降に
新規登録した車両:
新税率を適用
新規登録から13年を経過した車両:
平成28年度から重課税率を適用
(新税率の約1.2倍)
四輪以上乗用自家用7,200円10,800円12,900円
営業用5,500円6,900円8,200円
貨物用自家用4,000円5,000円6,000円
営業用3,000円3,800円4,500円
三輪3,100円3,900円4,600円

車両を新規登録(最初の新規検査)した年月日により税率が変わります。 

グリーン化特例(軽課)

 自動車検査証に記載されている「初度検査年月」が、平成28年4月1日から平成29年3月31日までの軽自動車で、一定の環境性能を有する環境負荷の小さな車両は、平成29年度に限り、次のとおり軽課税率が適用されます。

四輪以上乗用の軽課税率
区分

電気軽自動車
天然ガス軽自動車
(概ね75パーセント軽減)

ガソリン車、ハイブリッド車で平成32年度
燃費基準+20パーセント達成車
(概ね50パーセント軽減)
ガソリン車、ハイブリッド車で
平成32年度燃費基準達成車
(概ね25パーセント軽減)
自家用2,700円5,400円8,100円
営業用1,800円3,500円5,200円

四輪以上貨物の軽課税率

区分

電気軽自動車
天然ガス軽自動車
(概ね75パーセント軽減)

ガソリン車、ハイブリッド車で平成27年度
燃費基準+35パーセント達成車
(概ね50パーセント軽減)
ガソリン車、ハイブリッド車で
平成27年度燃費基準+15パーセント達成車
(概ね25パーセント軽減)
自家用1,300円2,500円3,800円
営業用1,000円1,900円2,900円

申告取扱い窓口

申告取扱窓口

車種

標識番号

申告取扱い窓口

原動機付自転車(125cc以下バイク)

上越市あ上越市あ(ナンバー)
板倉町い板倉町い(ナンバー)

など

上越市役所税務課および各総合事務所

上越市木田1丁目1番3号
電話025-526-5111

小型特殊自動車
二輪の軽自動車(125cc超250cc以下)

1長岡あ1長岡あ(ナンバー)

など

軽自動車協会連合会 長岡分室

〒940-1163 長岡市平島1丁目2番地
電話0258-23-3115

三輪・四輪の軽自動車(660cc以下)

長岡40あ長岡40あ(ナンバー)
長岡580あ長岡580あ(ナンバー)

など

軽自動車検査協会
新潟主管事務所 長岡支所

〒940-1163 長岡市平島1丁目3番地
電話050-3816-1851

二輪の小型自動車(250cc超)

長岡あ長岡あ(ナンバー)

など

新潟運輸支局
長岡自動車検査登録事務所

〒940-1104 長岡市摂田屋町字外川2643番地1
電話050-5540-2041

申告手続きに必要なもの(原動機付自転車および小型特殊自動車)

申告手続きに必要なもの

事由

必要なもの

標識交付申請書廃車申請書

印鑑

標識交付証明書廃車証明書

標識

新規購入したとき(標識交付)

新規購入したとき、標識交付申請書が必要です

新規購入したとき、印鑑が必要です

他市町村から転入したとき他市町村の標識がついている場合

転入時他市町村の標識が付いている場合、標識交付申請書が必要です

転入時他市町村の標識が付いている場合、廃車申請書が必要です

転入時他市町村の標識が付いている場合、印鑑が必要です

転入時他市町村の標識が付いている場合、標識交付証明書が必要です

転入時他市町村の標識が付いている場合、標識が必要です

既に他市町村で廃車手続きが済んでいる場合

転入時他市町村で廃車手続きが済んでる場合、標識交付申請書が必要です

転入時他市町村で廃車手続きが済んでる場合、印鑑が必要です

転入時他市町村で廃車手続きが済んでる場合、廃車証明書が必要です

市内の人への譲渡する(される)とき

譲渡する(される)とき、標識交付申請書が必要です

譲渡する(される)とき、印鑑が必要です
(双方のもの)

譲渡する(される)とき、標識交付証明書が必要です

他市町村の人から譲渡されたときまだ他市町村で廃車手続きが済んでいない場合

譲渡する(される)とき、まだ他市町村で廃車手続きが済んでない場合、標識交付申請書が必要です

譲渡する(される)とき、まだ他市町村で廃車手続きが済んでない場合、廃車申請書が必要です

譲渡する(される)とき、まだ他市町村で廃車手続きが済んでない場合、印鑑が必要です
(双方のもの)

譲渡する(される)とき、まだ他市町村で廃車手続きが済んでない場合、標識交付証明書が必要です

譲渡する(される)とき、まだ他市町村で廃車手続きが済んでない場合、標識が必要です

既に他市町村で廃車手続きが済んでいる場合

譲渡する(される)とき、既に他市町村で廃車手続きが済んでいる場合、標識交付申請書が必要です

譲渡する(される)とき、既に他市町村で廃車手続きが済んでいる場合、印鑑が必要です

譲渡する(される)とき、既に他市町村で廃車手続きが済んでいる場合、廃車証明書が必要です

廃車するとき(標識返納)

廃車するとき、廃車申請書が必要です

廃車するとき、印鑑が必要です

廃車するとき、標識交付証明書が必要です

廃車するとき、標識が必要です

所有名義人の親族が亡くなられたとき引き続き車両を使用する場合(名義変更)

所有者死亡後引き続き使用する場合、標識交付申請書が必要です

所有者死亡後引き続き使用する場合、印鑑が必要です

所有者死亡後引き続き使用する場合、標識交付証明書が必要です

車両を使用しない場合(廃車)

所有者死亡後引き続き使用しない場合、廃車申請書が必要です

所有者死亡後引き続き使用しない場合、印鑑が必要です

所有者死亡後引き続き使用しない場合、標識交付証明書が必要です

所有者死亡後引き続き使用しない場合、標識が必要です

合併前の旧町村の標識から上越市の標識への変更を希望されるとき

上越市へ標識への変更を希望する場合、標識交付申請書が必要です

上越市へ標識への変更を希望する場合、廃車申請書が必要です

上越市へ標識への変更を希望する場合、印鑑が必要です

上越市へ標識への変更を希望する場合、標識交付証明書が必要です

上越市へ標識への変更を希望する場合、標識が必要です
(旧町村のもの)

標識を紛失または破損により使用できない場合引き続き車両を使用する場合(標識再交付)

標識紛失・破損により使用できない場合、引き続き車両を使用する場合、標識交付申請書が必要です

標識紛失・破損により使用できない場合、引き続き車両を使用する場合、廃車申請書が必要です

標識紛失・破損により使用できない場合、引き続き車両を使用する場合、印鑑が必要です

標識紛失・破損により使用できない場合、引き続き車両を使用する場合、標識交付証明書が必要です

車両を使用しない場合(廃車)

標識紛失・破損により使用できない場合、引き続き車両を使用しない場合、廃車申請書が必要です

標識紛失・破損により使用できない場合、引き続き車両を使用しない場合、印鑑が必要です

標識紛失・破損により使用できない場合、引き続き車両を使用しない場合、標識交付証明書が必要です

  • 手続きの手数料は無料です。
  • 印鑑はインク内蔵型ゴム印(シャチハタ)以外のものをご用意ください。
  • ナンバープレートを紛失等により返却できない方は、窓口でその旨お申し出ください。
  • 標識交付証明書を紛失された方は、窓口でその旨お申し出ください。
  • 標識再交付の申請には200円の標識弁償金がかかります。

申請書ダウンロード

身体障害者等の減免について

 身体または精神に障害を有し、歩行が困難な方が所有する軽自動車等(身体障害者で18歳未満の方または精神障害者と生計を一にする方が所有する場合を含みます)は軽自動車税の減免を受けることができます。
 減免を希望される方は軽自動車税の納期限の7日前までに減免の申請を行ってください。
 ただし、既に別の車両(普通自動車含む)で減免を受けている方は対象とはなりません。またこの車両が営業用車両(車検証に「事業用」と記載)の場合も対象とはなりません。

減免の対象となる方

  1. 身体障害者手帳、戦傷病者手帳の交付を受けている方で下肢不自由な方など(詳しい基準などについてはお問合せください)
  2. 療育手帳の交付を受けている方で障害の程度が「A」の方
  3. 精神保険法の規定による通院医療費の公費負担を受けている方で、国民年金法施行令別表に定める一級の精神障害の状態と同程度の状態にある方

減免の申請期限

軽自動車税の納期限の7日前までです。上越市は毎年5月31日が納期限となりますので申請期限は5月24日です。それぞれの期限が土曜日または日曜日にあたる場合は、翌月曜日に延長されます。

減免申請の窓口

上越市役所税務課、各総合事務所

上越市木田1丁目1番3号

公益のために専用する車両の減免について

 社会福祉法人等が所有または使用する車両で、身体障害者・戦傷病者・知的障害者・精神障害者を施設通所または通院等のために専ら使用されている車両が対象となります。また、車両の構造が専ら身体障害者等の利用に供するためのものである場合も対象となる場合があります。

よくある質問 軽自動車税関係

 よくある質問は、「よくある質問 軽自動車税関係」をご覧ください。