ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ


小林古径記念美術館のご案内

小林古径記念美術館 長期休館のお知らせ

小林古径記念美術館は施設を共有していた上越市立総合博物館のリニューアル工事にともない、2016年11月から長期休館しています。当館は小林古径邸敷地内に古径作品や郷土ゆかりの美術作品を展示公開するための展示室等を増築し、オープンは2020年を予定しています。

事務所を移転しました。電話、Fax番号は変わりません。展覧会以外の業務は、通常通り行います。調査、出前講座の申し込み、問い合せ等は受け付けています。

移転先住所

〒943-0834 新潟県上越市西城町1-12-4 シルバープラザ上越

コケイビ日々のニュース

古径邸水仙(写真)美術館の日々のできごとや古径邸の魅力を紹介するコケイビ日々のニュースのコーナーをもうけました。

小林古径邸

イベントのご報告

キャンドルナイトチラシ(画像)

2月4日(土曜日)16~19時、「小林古径邸キャンドルナイト」を開催しました。

庭や園路に雪行燈をともし、雪だるまやかまくらも作って来館者をお迎えしました。画室では、外の景色を眺めながら抹茶と和菓子のセット(500円)を召し上がっていただきました。小雪ではありましたが、天気に恵まれて盛況のうちに終えることができました。

当日の様子

キャンドルナイト5(写真)キャンドルナイト1(写真)キャンドルナイト3(写真)キャンドルナイト6(写真)キャンドルナイト2(写真)キャンドルナイト4(写真) 

特集展示 「山を描く」 12月3日~平成29年3月26日

小林古径が山を描いた作品を原寸大デジタル複製画で紹介します。「山を描く」展示品リスト [PDFファイル/59KB]

  • 会期:平成28年12月3日(土曜日)~平成29年3月26日(日曜日)
  • 開館時間:午前10時~午後4時
  • 会場:小林古径邸 画室2階展示室
  • 主催:小林古径記念美術館

開館時間・休館日・観覧料はこちら

小林古径邸 春季展

つつじの季節の古径邸(写真)上越市出身の日本画家・小林古径の居宅と画室に、古径が花を描いた作品を素描と複製画で展示します。桜や牡丹、山つつじなど、花であふれる庭園もあわせてお楽しみ下さい。

  • 会期:平成29年4月1日(土曜日)~6月18日(日曜日)

詳しくは小林古径邸 春季展をご覧ください。

小林古径記念美術館オリジナルグッズ

詳しくは「グッズ販売」をご覧ください。

「小林古径シール」(2種類・各200円)

古径シール(写真)

「古径 この地に生まれて」(カラー読本 72ページ/頒布価格1,000円)

古径読本(表紙画像)

あなたの力をふるさとへ「ふるさと上越応援寄附金」

上越市が目指すまちづくりにあなたも「ふるさと上越応援寄附金」で参加しませんか。

ふるさと納税制度において「近代日本をリードした郷土の偉人たち」先人に学ぶ人づくり を項目のひとつに掲げ、先人の偉業を讃えるとともに後世に語り継いでいくため、寄附金を募集しています。10,000円以上の寄附をされた人には、お礼として市内施設入場券を贈呈しています。

応援して下さい。「ふるさと応援」寄付

ふるさと納税制度について、詳しくお知りになりたい人はこちらからご確認ください。