トップページ > 組織でさがす > 農政課 > 農作業事故に注意しましょう

農作業事故に注意しましょう

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年4月15日更新

農林水産省の調査によると、農作業中の死亡事故は、全国で年間320件前後発生しています。
これは、10万人あたりの死亡事故件数で比較すると、建設業の約3倍、一般の交通事故の約5倍にもなります。

上越市内においても、平成27年度から令和元年度の過去5年間で119件の人身事故が発生しています。
普段慣れている作業でも危険が伴うことを再認識し、農作業事故の防止と安全作業の徹底に努めましょう。

上越市内における農作業事故の発生状況

発生件数

上越市内では、毎年、約20件の人身事故が発生しています。

平成27年度平成28年度

平成29年度

平成30年度令和元年度
死亡事故10111
重傷事故02432
軽傷事故2427251612
物損事故299331344328285
合計324360374348

300

農作業事故発生件数のグラフ

年齢別人数

年齢別にみると、60代による事故が、全体の約40%を占めています。

平成27年度 平成28年度

平成29年度

平成30年度令和元年度
20歳未満10001
20~29歳129854
30~39歳1223282618
40~49歳3631302318
50~59歳5749534443
60~69歳125164152146116
70~79歳6474838885
80歳以上1510201615
不明20000
合計324360374348300

農作業事故年齢別人数のグラフ

人身事故のみ

平成27年度 平成28年度

平成29年度

平成30年度令和元年度
20歳未満00000
20~29歳01000
30~39歳05131
40~49歳12102
50~59歳24332
60~69歳7111266
70~79歳116851
80歳以上40533
不明00000
合計2529302015

月別件数

春の田植え時期である4月から5月と、秋の稲刈り時期である9月から10月に事故が多発しています。

平成27年度平成28年度

平成29年度

平成30年度令和元年度
4月3753555244
5月78100746673
6月2227272723
7月1632192824
8月1524221916
9月8369937662
10月4532203723
11月1311111912
12月311265
1月531164
2月212357
3月57777
合計324360374348300

農作業事故発生月別平均件数のグラフ

人身事故のみ

平成27年度平成28年度

平成29年度

平成30年度令和元年度
4月32420
5月84955
6月36341
7月24323
8月34401
9月25423
10月43121
11月00110
12月00010
1月00000
2月00101
3月01010
合計2529302015

農機具別件数

トラクター(ロータリーを含む)使用時の事故が、全体の約40%を占めています。

平成27年度平成28年度

平成29年度

平成30年度令和元年度
トラクター(ロータリー含む)128147143148112
運搬機(耕運機)2537420
コンバイン7575867961
乾燥機63362
籾摺り機44433
草刈り機1719221514
自動車1624202022
その他5351927586
合計324360374348300

農作業事故発生農機具別平均件数のグラフ

人身事故のみ

平成27年度平成28年度

平成29年度

平成30年度令和元年度
トラクター(ロータリー含む)22241
運搬機(耕運機)71210
コンバイン14202
乾燥機10000
籾摺り機11000
草刈り機16712
自動車02231
その他121315119
合計2529302015

農作業事故防止のポイント

  • 適度に休息をとり、ゆとりをもって作業しましょう。
  • トラクター等でほ場に出入りするときは、勾配や段差に十分注意し、転倒や転落を防ぎましょう。
  • 農業機械の点検は、必ずエンジンを止めてから行いましょう。
  • シートベルトの着用を徹底するとともに、早めにライトを点灯しましょう。
  • ほ場から道路へ出るときは、クローラーなどについた土をよく落としましょう。

農林水産省農作業事故防止啓発チラシ(表面) 農林水産省農作業事故防止啓発チラシ(裏面)

農林水産省 農作業事故防止啓発チラシ [PDFファイル/1.95MB]

関連リンク