トップページ > 上越市創造行政研究所 > 市民生活の情報化に関する調査

市民生活の情報化に関する調査

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年2月9日更新

概要

  • 分野 行財政改革
  • 実施年度 平成12年度
ITセミナー(平成12年10月開催)の様子(写真) IT(情報通信技術)の進展によって想定される社会経済情勢の大きな変化に対し、地域・行政として的確に対応していく必要性があることを踏まえ、まず、携帯電話やインターネットといったITの利用状況をはじめ、市民生活の情報化に関する実態調査を行いました。
 また、同調査の結果公表に加え、有識者による講演などで構成される市民セミナー「ITで変わる私たちの暮らし」を開催し、ITについて市民の皆さんと共に考える機会の創出に努めました。  

研究成果

報告書

調査概要 
 調査期間:平成12 年9月~10月
 調査対象:15才~79才の市民 3,000名
 回答率:44.5パーセント(1,335名)

関連情報

類似の調査研究

  •  電子市役所基本構想策定に関する調査研究(平成13年度)
     上記の研究成果等をもとに、翌年度の調査研究事業として取り組みました。

報告書データ

上越市における市民生活の情報化に関する調査報告書(平成12年11月発行)

報告書 報告書全文 [PDFファイル/2.16MB]

 

構成

はじめに、目次
1 調査概要
 1-1 調査目的
 1-2 調査内容
 1-3 調査対象
 1-4 調査方法と実施経過 
 1-5 回収状況と回答者の内訳 
 1-6 集計方法
2 調査結果
 2-1 パソコンの利用状況
 2-2 パソコンの所有状況
 2-3 携帯電話の所有・利用状況
 2-4 インターネットの利用状況 
 2-5 上越市のホームページの利用状況 
 2-6 行政から市民への情報提供のあり方
 2-7 IT・電子政府に関する認知度と期待
3 調査結果のまとめ
 3-1 市民生活の情報化の現状と将来の可能性
 3-2 行政から市民への情報提供についての課題
 3-3 電子自治体推進にあたっての課題
付属資料
 付属資料1 アンケート調査票
 付属資料2 市民の皆さんからのご意見・ご感想(自由回答)
  2-1 電子政府について
  2-2 情報化社会・ITについて

ITで変わる私たちの暮らし 「市民セミナー記録集」(平成12年11月発行)

報告書

構成(分割ダウンロード)

要約 [PDFファイル/17KB]

表紙 [PDFファイル/796KB]

表紙
はじめに
次第
目次

開会のあいさつ [PDFファイル/18.1KB]

上越市長

第1部 「IT新世界」

 東京大学名誉教授 石井威望氏

1 ITとは何か
2 第3の革命の意味
3 ITの特徴
4 携帯電話の可能性 
5 わが国のIT戦略とその課題 

第2部 「電子市役所で何が変わる」 [PDFファイル/694KB]

 株式会社日立製作所 公共システム事業部 電子政府プロジェクト推進センタ課長 大川義人氏

1 電子市役所とはどういうものか
2 海外の事例は
3 日本政府の取組みと電子市役所
4 国内の事例
5 電子市役所の実現へ向けて
6 最後に

第3部 「ITと私たちの暮らし」 [PDFファイル/206KB]

 上越市創造行政研究所 主任研究員 池田 浩

1 上越市民のIT利用動向
2 ITの生活を楽しもう
3 ITと地域社会
4 最後に

閉会のあいさつ [PDFファイル/14.1KB]

上越市創造行政研究所長

参加者の皆さんのご意見・ご感想 会場アンケートより [PDFファイル/116KB]