トップページ > 上越市創造行政研究所 > 人口の視点からみる上越市の現状と将来に関する基礎調査

人口の視点からみる上越市の現状と将来に関する基礎調査

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年2月9日更新

概要

  • 分野 総合
  • 実施年度 平成18年度

 地域の社会経済状況を把握するデータの中でも「人口」は、地域の力を表す重要な指標の一つであり、あらゆる政策検討の基礎となります。そこで、上越市第5次総合計画の改定(平成19年12月策定)作業に先立ち、当市における人口の推移や将来予測等について分析を行いました。

研究成果

概要

報告書

関連情報

類似の調査研究

  • 上越市の将来人口推計の実施(平成15年度) 
    第5次総合計画策定時(平成15年度)に行った将来人口推計です。推計値は総合計画の改定作業時に見直しました(下記参照)が、推計手法についてはこの当時のものを参考にしています。
  • 上越市の将来人口推計について [PDFファイル/170KB](第2回上越市総合計画審議会資料) 
    本調査結果をもとに、総合計画改定作業の中で将来推計人口の見直しを行い、総合計画審議会に提示しました。

研究成果の反映

報告書データ

人口の視点からみる上越市の現状と将来(平成19年3月発行)

報告書 報告書全文 [PDFファイル/3.54MB]

構成

はじめに、目次、資料一覧、研究概要
第1部 本編
 1 上越市の人口の全体像
 2 上越市の人口の増減
  (1) 自然動態 「生まれる人が減り、死亡する人が増加」
  (2) 社会動態 「転出超過が続いている」
  (3) 人口減少の影響 「地域を支える人材基盤を弱体化し、地域経済の衰退を懸念」
 3 各地区の人口の変化
  (1) 各地区の人口の推移
  (2) 市内における人口移動 「人口の奪い合い構造」
  (3) 各地区の人口の構造の変化 「人口の減少と高齢化」
  (4) 合併後の新たな課題となっている地区の問題
第2部 資料編
 1 各地区の人口の推移
 2 研究ノートNo.1~No.5