ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

上越市

サイトマップ

背景色を変える

文字の大きさ

キーワードで探す

現在地トップページ > 組織でさがす > 環境保全課 > CSF(豚熱)に関する情報

CSF(豚熱)に関する情報

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年8月25日更新

  CSFは豚、イノシシに固有の病気であり、人に感染することはありません。また、市場に出回る豚肉は都道府県等の畜検査員が異常や疾病がないか検査していますので、感染豚の肉が出回ることはありません。仮にCSFにかかった豚肉を食べても人体に影響はないと考えられています。

 上越市内、新潟県内における感染確認状況

 上越市内では、令和2年4月22日に正善寺地内で発見された野生イノシシの感染が確認されました。

 国内、県内におけるCSFの発生状況等については、新潟県ホームページをご覧ください。

 新潟県ホームページ「CSF(Classical Swine Fever)の発生状況及び新潟県における対応状況について」(外部リンク)

 死亡イノシシを発見した場合には

 新潟県では野生イノシシの感染確認検査を実施していますので、死亡した野生イノシシ(捕獲されたものおよびワナ等により死亡したものを除く)を発見した場合は、市環境保全課・各区総合事務所、または最寄りの警察署へ連絡してください。

このページに関するお問い合わせ先

上越市

〒943-8601 新潟県上越市木田1-1-3電話:025-526-5111Fax:025-526-6111

ページの先頭へ