トップページ > 組織でさがす > 市民課 > 住民票、マイナンバーカード等への旧姓(旧氏)の併記ができます

住民票、マイナンバーカード等への旧姓(旧氏)の併記ができます

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年11月5日更新

 令和元年11月5日から、旧姓(旧氏)を住民票を併記できるようになりました。住民票に旧姓が併記されると、印鑑登録証明書やマイナンバーカード、公的個人認証サービスの署名用電子証明書にも旧氏が併記されます。これにより、婚姻などで姓を変更した場合でも各種の契約など旧姓が使われる場合でその証明に使えます。
 住民票に旧姓を併記するためには、請求手続きが必要です。手続きは、併記を希望する旧姓から現在の姓までがつながるすべての戸籍謄本などの添付が必要です。

総務省パンフレット

 住民票とマイナンバーカードに旧姓(旧氏)が併記できます [PDFファイル/919KB]

 旧姓(旧氏)を併記するためには、どうしたらいいの [PDFファイル/440KB]

 詳しくは総務省ホームページ「住民票、マイナンバーカード等への旧氏の併記について」(外部リンク)をご覧ください。