花うえ隊

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年7月10日更新

花うえ隊とは

 花や緑が好きで、花の植え込みなどに協力していただける人が集まって活動している団体です。 
 作業を通じて、花に関する知識を得ながら、和気あいあいとした雰囲気で活動しています。

花の咲いた苗を両手いっぱいに持っている会員(写真)花壇(写真)

 花が大好きな皆さんと交流しながら、一緒に活動しませんか。
 隊員募集は、随時行っています。

 花うえ隊募集案内はこちら

 高田城址公園 第8駐車場(高田図書館跡地)で活動を行っています。

昨年度までの活動の様子

令和2年度活動の様子

第3回(令和2年7月6日)

除草作業の様子(写真) 花がら摘みの様子(写真)

朝方降った雨が止んだ直後の、梅雨らしいじめっとした天気の中での作業でした。

前回植栽した花の花がら摘みと草取りの作業を行いました。

花がら摘みは、咲き終わってしぼんだ花を取り除く作業で、これを行うことで見栄えがよくなることに加えて、次のつぼみの成長がよくなります。

一つ一つ丁寧に摘み取りました。

雑草も雨の多いこの時期は成長が早いため、しっかり根っこから取り除くように作業を行います。

作業後のベゴニアの様子(写真) 作業後のマリーゴールドの様子(写真)

花の苗の植栽を行ってから約1ヶ月ですが、ベゴニアもマリーゴールドもとても大きくなり、綺麗な花をたくさん咲かせています。

これから暑い日が続く季節に入っていきますが、引き続き綺麗な状態を保っていきます。

第2回(令和2年6月1日)

1回目の活動時に土壌改良した花壇に、新しい花苗を植える作業です。

作業前のミーティングの様子(写真) 花苗(写真)

植える苗はベゴニアとマリーゴールドです。

前回同様、消毒とお互いの間隔に気を付けながら作業を行います。

花壇北側の作業の様子(写真) 花壇西側の作業の様子(写真)

始めのミーティングで全体の植え方のレイアウトを決めてから、実際に配置を調整しながら穴をあけ、苗を植え付けます。

ベゴニアはピンクと白を3列に、マリーゴールドは花をたくさんつけるため黄色とオレンジを交互に1列で植えました。

元気に育つようにメンバー同士で植え方を教え合う場面もありました。

ベゴニアの植え付け後の様子(写真) マリーゴールドの植え付け後の様子(写真)

次回以降は今回植えた苗が綺麗に見えるように草取りの作業がメインになります。

感染対策を徹底しながら、通った人がこの花壇を見て、少しでも明るい気持ちになれるように作業を行っていきたいと思います。

第1回(令和2年5月25日)

作業前のミーティングの様子(写真)

新型コロナウイルスの影響により、今年度の活動を延期していましたが、緊急事態宣言が解除されたことを受けて5月25日に1回目の活動を行いました。

1回目の活動は昨年植えたパンジーとチューリップの抜き取りと、新しい苗を植えるための土壌改良の作業を行いました。

チューリップの抜き取り作業の様子(写真)

手指の消毒を行い、活動中はお互いの間隔に気を付けながら作業を行いました。

改良材敷き均し後の様子(写真) 耕耘作業の様子(写真)

堆肥土、化学肥料、石灰をまんべんなく敷き均し、耕します。

蒸し暑く、力のいる作業でしたが、途中休憩をはさみながら無事完了しました。

花壇北側作業後の様子(写真) 花壇西側の作業後の様子(写真)

久しぶりにメンバーが集まって、和気あいあいとした雰囲気の中作業を行うことができました。