ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

上越市

サイトマップ

背景色を変える

文字の大きさ

キーワードで探す

現在地トップページ > 組織でさがす > 安塚区総合事務所 > 安塚区フォトニュース2022

安塚区フォトニュース2022

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年5月13日更新

 安塚区の身近な出来事を写真とともにお届けします。

 2022年2月/2022年3月/2022年4月/2022年5月

2022年5月

六夜山荘 春の山菜祭り

大型連休中の5月4日(水曜日・みどりの日)、安塚区細野で、「六夜山荘 春の山菜祭り」が開催されました。

これまで「みどりのほその春の祭典」として開催しておりましたが、新型コロナウイルス感染防止のため、3年ぶりの山菜採りイベントの開催となりました。

六夜山荘(集合場所)(写真)

上越市、柏崎市、燕市、長岡市、新潟市から、合わせて19人の参加がありました。

注意事項等説明のようす(写真)

参加者は、六夜山荘から車で移動し、地域おこし協力隊の林隊員から注意事項等の説明を受けた後、山菜採りを開始しました。

斜面での山菜取り 2人(写真) うどを採る男性参加者(写真)

斜面で山菜を採る女性参加者(写真) 斜面でうどを採る男性参加者(写真)

一生懸命うどを採る男性参加者(写真) 斜面で山菜を採る参加者 3人(写真)

2時間ほどで採れた山菜は、「うど」が大量、あとは少量の「わらび」でした。

採れた山菜を仕分けする参加者 3人(写真)

その後、一行は六夜山荘で昼食。

六夜山荘で昼食(写真)

山菜天ぷらやたけのこ汁など、地元産の山菜、野菜をふんだんに使用した料理が振舞われました。

昼食の料理(写真)

参加者に感想をうかがいました。

(主な感想)

  • 天気が良くて最高だった。
  • ここ数年連絡がなく心配していたが、久しぶりに開催され、来ることができて良かった。
  • 世帯数が15軒ほどの、とても小さな集落と聞いて、応援したくなった。
  • まだ雪があって驚いた。
  • おこわやたけのこ汁など、地元の皆さんが作ってくれた料理が美味しかった。
  • 帰りに雪だるま物産館によって、笹団子も買ってみようと思う。

2022年4月

桜満開のやすづかリバーサイドロードと菱ケ岳の「雪形」

夕暮れ時のリバーサイドロード・桜並木の写真 日没後のリバーサイドロード・桜並木の写真

4月中旬、安塚区の中央を流れる小黒川沿いの桜並木が、今年も満開となりました。

リバーサイドロード・桜並木と街灯の写真 リバーサイドロードの桜並木(遠景写真)

安塚区松崎~和田間、約6キロメートルにわたり、約500本のソメイヨシノが咲き競いました。

ソメイヨシノの花びら拡大写真1 ソメイヨシノの花びら拡大写真2

桜並木が続く小黒川沿いは、リバーサイドロードとして整備されており、県の健康ウォーキングロードにも登録されています。

リバーサイドロード・桜並木の写真1(ドローン撮影) リバーサイドロード・桜並木の写真2(ドローン撮影) 農村公園付近

リバーサイドロード・桜並木の写真(花びら拡大)

一部の地域では、ライトアップが行われ、夜桜も楽しむことができました。

リバーサイドロード・桜並木 夜桜の様子(写真) リバーサイドロード・桜並木 夜桜の様子(拡大写真) 

桜並木からさらに南、長野県境近くの菱ケ岳(標高1,129m)には、残雪が白馬の形をした「雪形」(「馬形」「跳ね馬」ともいう)が姿を現し始めました。この地の人々は、この山の「雪形」を眺めながら、農作業の開始時期を判断したり、その年の作物の出来を占うのだそうです。

菱ケ岳の「雪形」と桜並木の写真 菱ケ岳の雪形(拡大写真)

 

2022年3月

3月20日(日曜日)NPO法人自然王国ほその村 「ちょっと散策・雪原を歩いてみませんか スノーシューを履いて春を探しましょう」、が開催されました

 安塚区細野集落では、NPO法人自然王国ほその村が主催する標記のイベントがはじめて開催され、市内外から6人の参加者が、残雪の残る六夜山(ろくやさん、標高411m)山頂をめざしました。

 インストラクターから事前説明を受ける参加者の写真 

 三条市や長岡市からも参加がありました。

 スノーシューの写真 出発準備の写真 

 スノーシューを履いた参加者は、ほその村のインストラクターの案内で、1時間半ほどをかけ、ゆっくりと登っていきます。

 安塚区の山々の雪景色の写真 登山中の参加者たちの写真 

 登山中の参加者たちの写真(拡大) 登山中の参加者たち(一列で進みます)写真

 途中、雪解けが進み、ふきのとうが顔を出しているところがありました。

 フキノトウの写真 フキノトウを採取する参加者の写真

  六夜山山頂。積雪はまだ2mほどあります。今年は例年より多いそうです。

 六夜山山頂からの景色の写真 六夜山山頂で休息中の写真

  下山後、安塚区細野集落の「交流宿泊施設 六夜山荘」で、山菜の天ぷらやカレーなどの昼食が振舞われました。

 昼食のカレー、山菜天ぷらなどの写真 昼食のようす(写真)

(参加者の声)

  • このようなイベントを、シーズンを通じて企画してほしい。
  • 思ったよりきつくなかった。
  • 春(田植え)、秋(稲刈り)などの体験もしてみたい。

2022年2月

2月26日(土曜日)第11回灯の回廊(安塚キャンドルロード)が開催されました

 平成24年2月、安塚区と大島区で始まった住民手作りのイベントは、新たな地域とのつながりや、さまざまなボランティアの方々の参加などにより、徐々にその輪を広げ、市内6つの地域にまたがる上越市の冬の風物詩となりました。

 

 安塚区では、約4万本のキャンドルを用意。天候にも恵まれ、4,200人余の来訪者が、山里に灯る、柔らかな雪あかりに酔いしれました。

安塚区細野地区(六夜山荘前)雪灯篭(写真) 安塚区細野地区(六夜山荘前)紫色のイルミネーション(写真) 安塚区細野地区(六夜山荘前)雪灯籠 別角度から(写真) 

安塚区細野地内(六夜山荘前)

安塚区円平坊地区(縁結び神社)本殿と雪灯篭(写真) 安塚区円平坊地区(縁結び神社)大小雪灯籠(写真) 安塚区円平坊地区(縁結び神社)本殿(写真)

安塚区円平坊地内(縁結び神社)

安塚区小黒地区(専敬寺前)寅年のイルミネーション(写真) 安塚区小黒(専敬寺前)イルミネーション(写真)

安塚区小黒地内(専敬寺前)

安塚区安塚地区 雪像全景(写真) 安塚区安塚地区 雪像拡大(写真)

安塚区安塚地内

高田高校安塚分校前 イルミネーション(写真)

高田高校安塚分校前

安塚区松崎地区 パンダの雪像「祝 金 平野」(写真) 安塚区松崎地区 安塚区入口のイルミネーション(写真)

安塚区松崎地内

東頸消防署前 縁結び神社(写真) 東頸消防署前 防火のイルミネーション(写真)

東頸消防署前

 

2月26日(土曜日)キューピットバレイで山のうえの雪まつりが開催されました

 「灯の回廊」に合わせて、キューピットバレイスキー場では、「山のうえの雪まつり」が開催されました。

キューピットバレイスキー場 ピラミットの雪像(写真) キューピットバレイスキー場 ゲレンデのライトアップ(写真) キューピットバレイスキー場 ゲレンデのライトアップ(全景写真)

 コロナ感染予防対策を講じながら楽しめるイベントとして、ゲレンデ斜面を逆走する「山のうえのトライアスロン」、「ゲレンデで大声大会」、そして「雪上花火」が行われました。

 「山のうえのトライアスロン」 には、小学生から大人までの参加があり、優勝者にはコシヒカリ30kgが送られました。

山のうえのトライアスロン(写真)

 「ゲレンデで大声大会」では、普段は乗ることのできない圧雪車の荷台をステージにして、参加者は、

 「キューピットバレイ大好き~」

 「第一志望の大学に入学したい~~」

 「賞品ほしい~~~」

 と、思い思いの好きな言葉をゲレンデに響かせていました。

ゲレンデで大声大会(写真)

 騒音計で計測した結果、優勝者には、キューピットバレイのグランピングペア招待券が送られました。

  最後に、合計80発の花火が、菱ケ岳山麓の夜空を彩りました。

雪上花火打ち上げ 小型カラフル(写真) 雪上花火打ち上げ 枝垂れ柳(写真) 雪上花火打ち上げ 小型紅白(写真)

 

このページに関するお問い合わせ先

上越市

〒943-8601 新潟県上越市木田1-1-3電話:025-526-5111Fax:025-526-6111

ページの先頭へ