ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

上越市

サイトマップ

背景色を変える

文字の大きさ

キーワードで探す

現在地トップページ > 組織でさがす > 文化行政課 > 今泉城跡の大ケヤキ

今泉城跡の大ケヤキ

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年3月7日更新

紅葉する今泉城跡の大ケヤキ(写真)大ケヤキの幹(写真)大ケヤキについて地域の子どもたちに説明する様子(写真)

土塁遺構上にそびえる秋の大ケヤキ(1枚目)、落雷に合い空洞化した幹(2枚目)、地域の子どもたちへの説明(3枚目)

会員の方々による美化活動の様子(写真)ケヤキと合祀された祠などの景観(写真)説明看板(写真)

大ケヤキと周辺の美化活動(4枚目)、大ケヤキ周辺の景観(5枚目)説明看板(6枚目)

  • 認定番号:1
  • 名称:今泉城跡の大ケヤキ
  • (名称ふりがな)いまいずみじょうせきのおおけやき
  • 地域:和田区
  • 所在地:上越市大和2丁目10番24号(大和神社境内地) googleマップ(外部リンク)
地図の読み込みに関する問題が発生したとき

今泉城跡の土塁上にそびえる新幹線駅直近のパワースポット

 北陸新幹線上越妙高駅近くの大和神社境内一帯は、南北朝時代に南朝方の村山氏が居城「今泉城」を構えた地とされ、境内地には土塁(どるい)遺構が残り、当時の石仏もみられます。

 今泉城跡の土塁遺構上にそびえる今泉城跡の大ケヤキは、幹周り6.6メートル、樹高27メートルの巨樹で、上越妙高駅と共に歩む会が行った科学的調査により、樹齢350年以上ということがわかっています。100年以上前にあったとされる落雷の被害により、幹の芯部から東側全体は焼けて空洞化していますが、たくましく成長を続けています。

 大ケヤキは、環境省が自然環境保全基礎調査として、全国の巨樹・巨木林の調査結果を収集する「巨樹・巨木林データベース」に登録されています(平成31年3月15日のコラムにて石平会長のコメントが紹介されています)。

活動団体

上越妙高駅と共に歩む会

活動内容など

  • ケヤキ周辺の美化活動や景観整備
  • 樹木医による、樹齢診断や樹齢測定、樹勢回復作業
  • 講演会の開催、情報誌の発行、看板設置、のぼり旗の設置、大ケヤキを題材にした作品の募集と上越妙高駅での展示、剪定枝を利用したグッズの作成、鑑賞用椅子の設置など活用事業
  • 地元小学校への情報誌の提供、地域学習での児童への説明など、地元小学校と連携した活動。学校の文化祭では、子どもたちによる大ケヤキについての発表が行われています。

活動団体からのメッセージ

 私たちは、北陸新幹線の上越妙高駅が所在する町内会有志の集まりです。
 2015年の新幹線開業を契機に、駅中及び駅周辺の賑わいづくりと地域の活性化を目指して様々な活動を行っています。その一つとして地域資産である大ケヤキを保護活用する事業を展開し全国に情報発信しています。
 お陰さまで、市内はもちろんのこと、新幹線で全国各地から訪れていただいています。駅から歩いて5分。瀕死の災禍にも打ち克ってたくましく成長するこの巨樹のパワーに、あなたも触れてみませんか。

関連情報

その他の地域の宝

「上越市「地域の宝」を認定しました。」をご覧ください。

このページに関するお問い合わせ先

上越市

〒943-8601 新潟県上越市木田1-1-3電話:025-526-5111Fax:025-526-6111

ページの先頭へ