トップページ > 組織でさがす > 生活環境課 > 使用済みのスプレー缶は中身を使い切り穴を開けて出してください

使用済みのスプレー缶は中身を使い切り穴を開けて出してください

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年12月20日更新

 スプレー缶やカセットボンベなどは「燃やせないごみ」です。必ず中身を使い切り、穴を開け、ガスを抜いてから「燃やせないごみ」の指定ごみ袋に入れて出してください。

 なお、ガスの抜き方などが表示されている商品は、表示された注意事項に従ってガスを抜いてから、穴を開けてください。

穴開けを行う際の注意点

スプレー缶やカセットボンベなどの穴開けを行う際は、危険防止のため、次の点に注意してください。 

まず中身を使い切る

  • スプレー缶やカセットボンベなどは、中身を使い切ってください
  • 中身が残っていると、穴を開けた時にガスが一度に噴出して危険です。

風通しのよい場所で行う

  • スプレー缶やカセットボンベなどのガスを抜く際は、密閉された空間での作業は危険です。
  • 屋外等の風通しのよい安全な場所でガスを抜いてから、「燃やせないごみ」の指定ごみ袋に入れて出してください。

火の気のない場所で行う

  • 火の気の近くで作業を行うと引火する危険があります。必ず火の気のない場所で行ってください。

スプレー缶に穴を開けている写真 スプレー缶に開けた穴の写真

穴開け専用器具はホームセンターなどの量販店で販売しています。
また、生活環境協議会(生活環境課内)でも取り扱っています。

よくある質問

質問:なぜ穴を開けないといけないのですか

回答:スプレー缶の爆発が原因で収集車両の火災が起きています。収集車両ではごみに圧力がかかり、穴の開いていないスプレー缶から漏れ出たガスに引火し、爆発することがあります。
 ガス抜き機能がついているスプレー缶についても、収集時に作業員が目視で確認できるよう、穴を開けてください。

収集車両の火災の写真 ごみが燃えている写真

質問:事業所で使ったスプレー缶やカセットボンベなども、穴を開ければ町内の集積所に出せますか

回答:事業所から出るスプレー缶やカセットボンベなどは、量の多寡、事業所の規模に関わらず、町内の集積所や資源物常時回収ステーションに排出することはできません。事業者の責任において、適正に処理してください。