トップページ > 組織でさがす > 社会教育課(青少年健全育成センター) > 地域青少年育成会議の活動を紹介します

地域青少年育成会議の活動を紹介します

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年4月20日更新

地域青少年育成会議とは

上越市内の22の中学校区ごとに「地域青少年育成会議」があります。
「地域の子どもは地域で育てる」という目的を持って、地域が主体的に青少年の健全育成活動を考え、学校等と連携しながら地域ごとに様々な活動を行っています。

組織形態

地域の実態や特色に合わせて組織されており、団体の名称や組織構成、地域コーディネーター数など、その形態は様々です。

地域青少年育成会議(画像)「地域青少年育成会議の組織」

地域青少年育成会議のねらい

地域が主体的にその地域の教育活動を考え、学校と連携して地域の教育活動を行う体制を整備し、その活動を通じて、青少年の育成と地域の教育力向上を図ります。

こんな活動をしています

 あいさつ運動 

3城合同あいさつ運動(写真)
3中学校区(城北中、城東中、城西中)育成会議合同あいさつ運動

谷浜桑取青少年健全育成会(写真)
谷浜・桑取青少年健全育成会

インターネットトラブルに関する研修会

大潟の子どもを育てる会(写真)
大潟の子どもを育てる会

地域青少年まちづくりワークショップ

青少年が自分の住んでいる地域について考え、地域をより良くしていくために地域青少年育成会議メンバーと話し合い、共通の目的に向かって共に活動しています。
具体的には、青少年にとっては、大人との真剣な議論から地域をより深く知ることで、地域への愛着へとつながり、大人にとっても青少年との議論を通し、改めて地域について考え直す機会となっています。

令和元年は、各地域で進めてきた活動を育成会議や中学生の視点を取り入れながら、「名立の子どもを守り育む会」と「春日地域青少年育成会議」の2団体が発表し、その後、グループに分かれて意見交換を行いました。

 発表の様子発表の様子
実践事例発表

グループに分かれた意見交換会グループに分かれた意見交換会2
グループに分かれての意見交換

地域コーディネーターは地域の活動をつなぎます

地域青少年育成会議には、運営の要となる「地域コーディネーター」が所属しており、令和元年6月時点で市内には160人の地域コーディネーターが活動しています。
地域コーディネーターの主な役割としては、「人」と「人」、「団体」と「団体」、「活動」と「活動」をつないだり、地域青少年育成会議の意見の調整やとりまとめを行っています。

なお、地域コーディネーターの活動がスムーズに進むように、先輩の地域コーディネーターと情報や意見交換を行う機会を設けたり、研修会を開催し、活動を支援しています。

新任コーディネーター研修会(写真)
新任コーディネーター研修会の情報交換の様子

コーディネーター研修会(写真)
(全体)コーディネーター研修会

広報誌「つなぐ」

地域青少年育成会議の活動をお知らせする広報紙を発行しています。

令和2年3月発行広報紙「つなぐ」 [PDFファイル/3.34MB]

令和元年9月発行広報紙「つなぐ」 [PDFファイル/1.98MB]

平成31年3月発行広報紙「つなぐ」 [PDFファイル/2.27MB]

平成30年9月発行広報紙「つなぐ」 [PDFファイル/579KB]

上越市地域青少年育成会議協議会は「設立10周年」

10周年ロゴ平成21年5月20日に設立した上越市地域青少年育成会議協議会は、令和元年で設立から10年を経過しました。
これを記念して、地域青少年育成会議では、10月10日に18の地域で一斉にあいさつ運動に取り組んだ他、講演会の開催や10年間の活動をまとめた冊子を発行しました。

令和元年11月発行記念広報誌「つなぐ10th」[ウェブブック]
令和元年11月発行記念広報誌「つなぐ10th」[PDFファイル/2.72MB]

10周年あいさつ運動10周年一斉あいさつ運動

地域青少年育成会議の活動にご協力をお願いします

地域青少年育成会議は「地域の子どもたちが健やかに育ってほしい」、「地域を好きになってほしい」という想いで、一生懸命に取り組んでいます。皆さんからの温かいご支援とご協力をよろしくお願いいたします。

なお、地域コディネーターに興味がある方、やってみたい方は、以下の問合せ先までご連絡ください。