トップページ > 組織でさがす > 学校教育課 > 外国籍の児童・生徒の就学

外国籍の児童・生徒の就学

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年5月1日更新

日本では、小学校6年間と中学校3年間、子どもを学校へ就学させる義務があります。
外国籍の子どもへは、就学の義務はありませんが、上越市に住所を有する外国籍の子どもで、上越市立の小学校または中学校への就学を希望する場合は、日本人と同様に入学することができます。

小学校・中学校の就学期間について

  • 小学校は、満6歳を過ぎた最初の4月から入学することができ、6年間の教育を受けます。
    小学校を卒業すると中学校に入学することができ、3年間の教育を受けます。
  • 学年は、年齢で決められています。4月2日から翌年4月1日までに生まれた人は、同じ学年になります。

費用について

  • 授業料は無償です。教科書は無償で配付します。
  • 教科書以外の学用品などは、負担していただきます。
    給食費の支払いや学用品の購入が困難な場合は、援助を受けられる場合があります。
    (教育委員会が認める場合に限ります。)

入学の手続きについて

  • 上越市立小中学校への入学を希望する場合は、添付ファイルを学校教育課へ提出してください。
    添付ファイル:上越市立学校 入学願 [PDFファイル/121KB]
  • 住所によって入学校を指定させていただきます。入学する学校を自由に選ぶことはできません。

その他

文部科学省のホームページに、言語別の詳しい就学案内が公開されています。

文部科学省 「外国人児童生徒のための就学ガイドブック」(外部リンク)