ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

上越市

サイトマップ

背景色を変える

文字の大きさ

キーワードで探す

現在地トップページ > 組織でさがす > 農村振興課(中山間地域農業対策室) > 上越市櫛池地区指定棚田地域振興協議会

上越市櫛池地区指定棚田地域振興協議会

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年12月21日更新
  • 所在地:上越市清里区
  • 指定棚田地域:櫛池村・菅原村
  • 保全を図る棚田の面積:216.6ヘクタール
  • 棚田の名称:青柳の棚田、梨窪の棚田、鶯澤の棚田、上中條の棚田、鈴倉の棚田、寺脇の棚田、東戸野の棚田、棚田の棚田、北野・水草の棚田、梨平の棚田、赤池の棚田、上田島の棚田

開催予定のイベント

ビュー京ヶ岳運営協議会 令和3年度反省会

本年度初試行したカフェの運営について、振り返りと次年度の取組について、現場関係者を中心に検討を行います。お客様アンケートや、実際にお声のあった内容について十分に検討し、来年度よりよい地域振興の場となるようつなげていきます。

活動紹介

棚田等の保全に関する活動

7月27日(火曜日)、8月24日(火曜日)「きよさと未来予想図」をつくる会

集落活性化に向けた人材確保のため、地域住民主体の会議を開催しました。

清里区内25の各集落から30名の参加者が男女年齢別のグループに分かれ、活発に意見交換を行いました。

「きよさと未来予想図」をつくる会(写真)

6月18日(金曜日)スマート農業 ラジコン草刈り機の実演

スマート農業研究会によりラジコン草刈機の実演を行いました。

当日は、18人が参加し、ラジコン草刈機を操作し畦畔の除草を体験しました。

ラジコン草刈り機の操作研修の様子(写真)

4月1日(木曜日) 地域おこし協力隊着任

一昨年11月より募集していました「地域おこし協力隊」として、千葉県鎌ケ谷市から高木桂さんが夫と1歳の男の子と3人で転入し、4月から活動を開始しています。

農業や地域イベント、特産品の開発などに取り組みます。

地域おこし協力隊高木隊員と家族の写真

棚田等の保全を通じた多面にわたる機能の維持・発揮

9月~11月 干し大根の栽培~出荷

昨年に引き続き、青柳の休耕地を活用して大根を栽培し、漬物加工用干し大根として約2000本の出荷を行いました。
昨年の反省を踏まえ栽培したため、収量も向上し、新たな加工品開発の検討材料として次年度さらなる改善を行っていきます。

大根の収穫 干大根

8月12日(木曜日)~8月15日(日曜日) ビュー京ヶ岳カフェ 星のふるさと館スターフェスティバルに合わせて営業

夏季営業を午後6時までとしたことで、星のふるさと館来訪者にも多くお立ち寄りいただきました。

7月1日(木曜日) 庭先集荷 出発式

高齢等により、農産物の出荷手段に乏しい生産者に代わり出荷を行い、過疎高齢化が進む中山間地域に新たな「生きがい」を生み出し、もって中山間地域の活性化を図ります。
7月1日に出発式を行い、12月まで毎週火曜日・木曜日・土曜日、約80回程度の実施を予定しています。

参加者12名、7・8月の売上実績約87万円

庭先集荷出発式(写真)

棚田を核とした棚田地域の振興

11月7日(日曜日)~21日(日曜日) 清里新そばまつり、新そばの日

ビュー京ヶ岳で「清里新そばまつり」と「新そばの日」が開催されました。清里産の新そば粉と地元の方が育てた自然薯を使った「自然薯そば」を、期間中に延べ1000食提供しました。

清里新そばまつり(写真)盛り付けられたそば(写真)

9月1日(水曜日) ビュー京ヶ岳運営協議会 設立集会

今後の、坊ヶ池交流施設、ビュー京ヶ岳施設の運営と利用促進を図り、清里区の産業振興、市民交流を推進し地域振興に貢献する事を目的に、新たな組織が発足しました。

7月22日(木曜日) ビユー京ヶ岳 野外ダンス音楽イベント

高田平野や日本海佐渡を一望するロケーションと、ダンス音楽の取り合わせを楽しもうと、多くの家族連れやクラブ好きが訪れました。
子どもも合わせて85名来場。

音楽イベント(写真)

5月15日(土曜日)~ ビュー京ヶ岳カフェ

清里区青柳の坊ヶ池湖畔に建つ市民交流施設「ビュー京ヶ岳」で、土曜日・日曜日、祝日限定でカフェの営業をスタートしました。

標高500メートルから高田平野や日本海を望む座席の他、坊ヶ池から関田山脈が見渡せる座席で地元の旬の食材を使ったメニューや特産品のスイーツが味わえます。

このページに関するお問い合わせ先

上越市

〒943-8601 新潟県上越市木田1-1-3電話:025-526-5111Fax:025-526-6111

ページの先頭へ