ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

上越市

サイトマップ

背景色を変える

文字の大きさ

キーワードで探す

現在地トップページ > 組織でさがす > 農村振興課(中山間地域農業対策室) > 上越市大島区菖蒲東地区指定棚田地域振興協議会

上越市大島区菖蒲東地区指定棚田地域振興協議会

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年8月10日更新
  • 所在地:上越市大島区
  • 指定棚田地域:大島村
  • 保全を図る棚田の面積:138.8ヘクタール
  • 棚田の名称:菖蒲東の棚田

菖蒲東桝沢の棚田(写真)  菖蒲東の棚田の写真

地域の特徴

上越市大島区菖蒲東の棚田は、日本海に注ぐ1級河川「保倉川」の源流に位置しています。豊富な雪解け水や湧き水などの清流を利用した棚田での米づくりは、源流に位置する菖蒲地区特有の米づくりといえます。

また、棚田の一部を利用した高原野菜づくりにも積極的に取り組んでいます。

地区には嘉永6年(1853年)に建築されたといわれる、カヤぶき屋根の古民家で、国の登録有形文化財「飯田邸」があります。

この飯田邸の保存と活用のため、農村レストラン&カフェの営業を行い、今後は農泊の受入れも予定しています。

特産品や加工品

「これが本物のそばの味」と、そば通のお客様からも満足いただいている菖蒲深山そばは、深山そば加工組合が製造する手打ち生そばで、地元菖蒲高原産のそば粉を100%使用し、つなぎには卵と自然芋、山ゴボウ(オヤマボクチ)の葉の乾燥繊維を使っています。

その味と独特の歯ざわりは、一度食べたら忘れられません。

夏ダイコン、カリフラワー、春撒き秋取りタマネギなどの高原野菜に併せて、新商品として加工品の黒ニンニクを、JAえちご上越の「あるるん畑」に出荷販売しています。

開催予定のイベント

10月29日(土曜日)、30日(日曜日) 菖蒲深山そばまつり

都市との交流の一環として、農村レストランでイベントを開催します。
大島区菖蒲高原産のそば粉を使用した手打ち生そばを味わう、秋恒例のイベントです。囲炉裏で焼いた岩魚の塩焼きも人気です。会場は国の登録有形文化財「飯田邸」です。

お問合せ先:農事組合法人  菖蒲生産組合 TEL:025-594-7888

令和4年度 活動紹介

棚田等の保全を通じた多面にわたる機能の維持・発揮

5月29日(日曜日)~  園芸作物の作付け、出荷

  • アスパラガス収穫、出荷
  • 春撒き秋取りタマネギ定植
  • 夏ダイコン播種
  • カリフラワー播種
  • ニンニク収穫、乾燥

ニンニクの乾燥(写真)

棚田を核とした棚田地域の振興

5月3日(火曜日)~  農村レストランを営業

ゴールデンウイークに営業を行いました。
現在は、団体予約のみの営業としています。

飯田邸営業チラシ(チラシ)

令和3年度 活動紹介

棚田等の保全に関する活動

8月7日(土曜日)~8月21日(土曜日) 農業用ドローンでカメムシ防除を実施

若者を中心とした防除作業チームを結成し、早朝を中心に、オペレーターとナビゲーター4人体制でカメムシ防除を行いました。
8月中旬以降は雨の日が多く晴れ間をぬった作業となりましたが、農作業の省力化と若者の農業参入に結びつけることができました。

ドローンでのカメ虫防除の様子(写真)

5月15日(土曜日)~9月末 高原での野菜を作付け・出荷

  • 春撒き秋獲りタマネギ定植
  • 夏ダイコン播種
  • カリフラワー定植
  • アスパラガス収穫、出荷
  • 上記作業の継続、除草及び防除作業等

玉ねぎ畑と作業している人の様子(写真)

棚田等の保全を通じた多面にわたる機能の維持・発揮

9月1日(水曜日)~12月末 黒ニンニクの本格出荷

園芸作物の品目増加と販売額拡大の一つとして、ニンニクを試験栽培してきました。付加価値を高めるため、収穫したニンニクを乾燥熟成させ黒ニンニクとして商品化。商品化に当たりパッケージなどは、上越保健所と上越地域振興局担当者から指導並びにアドバイスをいただきました。

黒ニンニク(写真)   

7月1日(木曜日)~12月末 園芸作物の作付け、収穫及び出荷

  • キャベツ播種、苗出荷
  • 春まき秋取りタマネギ収穫、乾燥調製
  • ニンニク収穫乾燥、黒ニンニク製造出荷
  • 夏ダイコン、カリフラワー収穫、出荷
  • 上記作業の継続、除草及び防除作業等

出荷される大根(写真)

棚田を核とした棚田地域の振興

2月26日(土曜日) 灯の回廊・大島雪ほたるロード(菖蒲会場)

都市との交流を目的に、農村レストラン営業の1イベントとして、飯田邸を中心とした冬季イベントを開催しました。
イベントでは、飯田邸のライトアップにあわせ、近くの雪原や道路沿いに「雪ほたる」を設置したほか、飯田邸において、菖蒲深山そばを110食ほど提供しました。
また、地元、菖蒲高原産のこがねもちとコシヒカリを使用したテイクアウトの「もっちり五目おこわ」と「ふっくらお赤飯」も完売しました。

雪ホタルロードの作成(写真)  

灯りが灯った雪ホタルの様子(写真)  飯田邸前のホタルロードの様子(写真)

10月30日(土曜日)、31日(日曜日) 菖蒲深山そばまつり

農村レストラン営業の1イベントとして開催し、多くの皆さんからお越しいただきました。
会場である国の登録有形文化財「飯田邸」の庭も紅葉に染まり、秋の景色とおいしいお蕎麦を堪能していただけたと思います。囲炉裏で焼いた岩魚の塩焼きも大人気でした。

すごく美味しそうな天そば(盛り付け写真)

7月6日(火曜日)~10月末 お茶飲み交流の場の開設

高齢者を対象とした「飯田邸お茶飲み場」は、どなたでも自由に集まることができます。
毎週火曜日午前に開催し、血圧測定や懐かしのビデオ上映会、レクリエーションなどのメニューを楽しんでいます。

お茶飲み場のチラシ(画像)

このページに関するお問い合わせ先

上越市

〒943-8601 新潟県上越市木田1-1-3電話:025-526-5111Fax:025-526-6111

ページの先頭へ