トップページ > 上越市の文化財 > 絹本著色二尊連座像

絹本著色二尊連座像

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年5月29日更新

絹本著色二尊連座像(画像)
(市指定、絵画)

  • 名称:絹本著色二尊連座像
  • (名称ふりがな)ケンポンチャクチョクニソンレンザゾウ
  • 地区:旧上越市

微証・伝来

浄興寺第9世巧観が本願寺8世蓮如から与えられたという画像で、親鸞(右上)と浄興寺2世善性(左下)を描いたものです。

2人が対座していることで、善性が親鸞の教えを正しく継承していることを表し、浄興寺が浄土真宗の正統であることを示していると考えられます。さらに蓮如の署名がそれを強調していると思われます。