トップページ > 上越市の文化財 > 十七尊像高僧連座聖徳太子画像

十七尊像高僧連座聖徳太子画像

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年5月29日更新

十七尊像高僧連座聖徳太子画像(画像)
(市指定、絵画)

  • 名称:十七尊像高僧連座聖徳太子画像
  • (名称ふりがな)ジュウシチソンゾウコウソウレンザショウトクタイシガゾウ
  • 地区:旧上越市

微証・伝来

寺伝によれば本願寺2世如信が描いたものを、勝願寺3世正空が与えられた画像です。勝願寺は、瑞泉寺の前身となる寺院です。

図様は、上中下3段に分かれ17人の人物が描かれています。下段には、聖徳太子を中心に日本への仏教伝来とその興隆に努めた7人が、中段には、浄土教の発展に大きく貢献した源信が描かれ、上段には、浄土宗の開祖法然を中心に親鸞・善性など9人の高僧が描かれています。