トップページ > 上越市の文化財 > 金銅阿弥陀如来立像

金銅阿弥陀如来立像

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年5月29日更新

金銅阿弥陀如来立像(画像)
(市指定、彫刻)

  • 名称:金銅阿弥陀如来立像
  • (名称ふりがな)コンドウアミダニョライリュウゾウ
  • 地区:旧上越市

微証・伝来

頭部と体部を銅で別々に鋳造して、首のところでつないでいます。

像の表面は鍍金で仕上げられていましたが、火災にあったために顔と胸元、蓮下座の一部のほかは、失われています。また、両手は手首より先が失われており、印相は不明ですが、、善光寺式阿弥陀三尊の中尊と考えられています。

藤原時代から鎌倉初期の作で、金銅像として完成品であり、親鸞が越後に流罪にされたとき、弟子の一人覚善の持佛として伝えられ、当市にとって貴重なものです。