関山系石佛

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年5月29日更新

関山系石佛(画像)
(市指定、彫刻)

  • 名称:関山系石佛
  • (名称ふりがな)セキヤマケイセキブツ
  • 地区:旧上越市

微証・伝来

この石仏が「関山系」と呼ばれるのは、妙高市関山神社の石仏群(県指定文化財)と材質が共通し、大きさや作風が似ていることから同じ系統ではないか、と考えられているためです。また寺伝に、この像を関山から移し西光寺に寄進した、と関山の石仏群との関係を暗示する部分があります。