トップページ > 上越市の文化財 > 絹本著色親鸞聖人等身真影

絹本著色親鸞聖人等身真影

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年5月29日更新

絹本著色親鸞聖人等身真影(画像)
(市指定、絵画)

  • 名称:絹本著色親鸞聖人等身真影
  • (名称ふりがな)ケンポンチャクショクシンランショウニントウシンシンネイ
  • 地区:旧上越市

微証・伝来

自伝によると浄興寺15世善芸が本願寺13世宣如から与えられたものです。

親鸞の図像は鎌倉時代後期以降に定型化されたといわれています。衲衣に袈裟、帽子(ぼうす:首に巻く白いスカーフのようなもの)をつけ胸の前で数珠を数える姿です。面長な顔は頬がこけ、眉毛は眉尻が上がり、眼光鋭く見据えています。