獅子天狗舞

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年5月29日更新

獅子天狗舞(画像)
(市指定、民俗芸能)

  • 名称:獅子天狗舞
  • (名称ふりがな)シシテングマイ
  • 地区:旧上越市

微証・伝来

「獅子天狗舞」は、伊勢(三重県)から伝わったものといわれていますが、上杉謙信が春日山城で城兵の慰安と士気高揚のため演じさせたともいわれています。戦前までは、地元の白山神社の祭、正月や盆、新築祝いの席などで舞われていました。

獅子は、霊獣(れいじゅう)として悪霊を鎮めてくれる神の使いと考えられてきました。ところが中正善寺の場合、霊獣である獅子も時にはおごり高ぶるので、天狗が登場しこらしめてしまいます。

中正善寺の舞は、獅子の舞う「悪魔払いの舞」、獅子が御幣を持ち、セリフを言いながら舞う「御幣舞」、獅子が体を玉(神の魂)にこすりつけたり、口にくわえて踊る「玉遊びの舞」、そして天狗が登場し、獅子と戦う「天狗と獅子の決闘の舞」の4つの場面で構成されます。