トップページ > 上越市の文化財 > 木造聖徳太子立像

木造聖徳太子立像

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年5月29日更新

木造聖徳太子立像(画像)
(市指定、彫刻)

  • 名称:木造聖徳太子立像
  • (名称ふりがな)モクゾウショウトクタイシリュウゾウ
  • 地区:旧上越市

微証・伝来

 本像は、太子が16歳の時、父 用明天皇の病気平癒を祈った伝説をもとに造られたもので、「太子十六歳像」「孝養像」などと呼ばれています。また、常敬寺が焼失したとき疎開したこの像が、代掻きの馬の鼻取りをして手伝った、という伝説あるので「鼻取り太子」とも呼ばれています。