トップページ > 上越市の文化財 > 榊原藩主歴代藩主書跡

榊原藩主歴代藩主書跡

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年5月29日更新

榊原藩主歴代藩主書跡(画像)
(市指定、書跡・典籍)

  • 名称:榊原藩主歴代藩主書跡
  • (名称ふりがな)サカキバラハンシュレキダイハンシュショセキ
  • 地区:旧上越市

微証・伝来

初代康政から13代政愛(12代政義を除く)までの各藩主の書跡です。高田藩は、相次ぐ自然災害や飢餓などで貧窮の状況が続き、その対策に苦慮しました。とりわけ11代政令(まさのり)は、自ら質素・倹約を実践したほか、稲荷中江用水の開削や学問の奨励・人材の登用などで藩財政の再建に努めました。

榊神社に伝わる書跡は、こうした政策や学問の隆盛を裏付けるもので、高田藩制史を研究するうえで欠かせない貴重な資料です。