トップページ > 上越市の文化財 > 「小牧山の陣」の絵

「小牧山の陣」の絵

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年5月29日更新

「小牧山の陣」の絵(画像)
(市指定、絵画)

  • 名称:「小牧山の陣」の絵
  • (名称ふりがな)コマキヤマノジンノエ
  • 地区:旧上越市

微証・伝来

この絵は明治9年に描かれたもので、小牧・長久手の戦いの時に徳川家康の家臣榊原康政(さかきばらやすまさ)が小牧山の陣中で羽柴(豊臣)秀吉罵倒の檄文(げきぶん)を書いている場面です。

康政は家康四天王の1人である勇名を馳せた武将で、榊原家の礎を築いた人として知られ、榊原神社では祭神として祀られています。