方便法身尊像

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年5月29日更新

方便法身尊像(写真)
(市指定、絵画)

  • 名称:方便法身尊像
  • (名称ふりがな)ホウベンホッシンソンゾウ
  • 地区:旧上越市

微証・伝来

「方便法身尊像」とは、浄土真宗の本尊である阿弥陀如来を絵で表したものです。時代が新しくなるにつれ、頭光の本数が増える特徴があります。

この画像は、画絹の裏側に金箔を押して本像をかたどる裏箔という技法が使われ、表面は金泥などで装飾されてます。この画像は、もともと愛宕社宝持院の所蔵であったと伝えられています。