トップページ > 上越市の文化財 > 上杉三郎景虎書状

上杉三郎景虎書状

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年5月29日更新

上杉三郎景虎書状(画像)
(市指定、古文書)

  • 名称:上杉三郎景虎書状
  • (名称ふりがな)ウエスギサブロウカゲトラショジョウ
  • 地区:旧上越市

微証・伝来

上杉三郎景虎(北条氏康の7男、上杉謙信の養子)から相州に陣を張っていた後藤左京亮へ宛てた書状です。内容は、謙信の跡目相続を争った「御館の乱」(天正6年(1578年)~7年(1579年))において、景虎が後藤左京亮へ救援を求めたものです。2年にわたる内乱の末、景虎は敗れ自害したと伝えられています。