海獣葡萄鏡

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年5月29日更新

海獣葡萄鏡(画像)
(市指定、考古資料)

  • 名称:海獣葡萄鏡
  • (名称ふりがな)カイジュウブドウキョウ
  • 地区:旧上越市

微証・伝来

子安遺跡の9世紀後半と推定される溝の底からほぼ完全な形で出土しました。この鏡は、国内の出土品では4番目の大きさで、成分分析から飛鳥・奈良時代に中央で珍重された舶載鏡(中国・朝鮮半島で作られた鏡)の可能性があり、この地方に中央と関係をもつ有力者がいた可能性を匂わせます。