ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

上越市

サイトマップ

背景色を変える

文字の大きさ

キーワードで探す

現在地トップページ > 上越市の文化財 > 真宗門徒仏壇

真宗門徒仏壇

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年5月29日更新

真宗門徒仏壇(画像)
(市指定、有形民俗)

  • 名称:真宗門徒仏壇
  • (名称ふりがな)シンシュウモントブツダン
  • 地区:牧区

微証・伝来

頸城郡山五十公郷高尾村は古い集落で、小黒村の浄土真宗大谷派専敬寺の教えが伝わった地域です。また古くから門徒が成立していました。この門徒が戦国時代に織田信長と戦い、石山本願寺へ救援に行ったと伝えられています。

この高尾村の専敬寺門徒の旧家に伝わった仏壇は、念仏の教えを信じる家族が、仏を礼拝するために作らせたものです。後に国川村に伝わり現在は、「ふるさと村自然と憩の森」のふるさとの家にあります。

このページに関するお問い合わせ先

上越市

〒943-8601 新潟県上越市木田1-1-3電話:025-526-5111Fax:025-526-6111

ページの先頭へ