トップページ > 上越市の文化財 > 八幡遺跡出土品

八幡遺跡出土品

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年5月29日更新

八幡遺跡出土品(画像)
(市指定、考古資料)

  • 名称:八幡遺跡出土品
  • (名称ふりがな)ハチマンイセキシュツドヒン
  • 地区:吉川区

微証・伝来

八幡遺跡で出土した平安時代の緑釉陶器と灰釉陶器は、県下でも数例しか発見例がありません。これらは畿内や東海地方の生産で、官衙に関連すると考えられる遺跡などから見つかっています。この地域の歴史を考える上で貴重なものです。