土偶

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年5月29日更新

土偶206(画像)土偶207(画像)土偶208(画像)
(市指定、考古資料)

  • 名称:土偶
  • (名称ふりがな)ドグウ
  • 地区:中郷区

微証・伝来

松ヶ峰・湯の沢遺跡から出土しました。

  • 土偶(顔部):縄文時代終わり頃に中部・北陸地方にかけて分布するタイプですが、県内では発見例が少ないです。
  • 土偶(胴部):縄文時代中期のものと推定されます。背中に水銀朱が塗られています。
  • 土偶(脚部):縄文時代中期のものと推定されます。足裏に水銀朱が塗られ、線の表現や土が似ているため、土偶(胴部)と同じものだった可能性があります。