壱岐文弥の墓

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年5月29日更新

壱岐文弥の墓(画像)
(市指定、歴史資料)

  • 名称:壱岐文弥の墓
  • (名称ふりがな)イチキブンヤノハカ
  • 地区:中郷区

微証・伝来

壱岐文弥は伊勢国出身で、伊勢神宮の御札を奉じて諸国まわっていたとき、片貝村に立ち寄り永住した人物です。寺子屋で文字を教える傍ら、伊勢の神の大教の宣布にも尽くしました。片貝筆塚と同じく文教発祥の地としての大切な証です。