トップページ > 上越市の文化財 > 針観音堂三十三観音石仏群

針観音堂三十三観音石仏群

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年5月29日更新

針観音堂三十三観音石仏群(画像)
(市指定、彫刻)

  • 名称:針観音堂三十三観音石仏群
  • (名称ふりがな)ハリカンノンドウサンジュウサンカンノンセキブツグン
  • 地区:板倉区

微証・伝来

室町時代の作といわれています。中央の阿弥陀仏の立像と33体の石龕(がん)千手観音で、33年に1回開帳されています(昭和60年に開帳)