上原家文書

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年5月29日更新

上原家文書(画像)
(市指定、古文書)

  • 名称:上原家文書
  • (名称ふりがな)ウエハラケモンジョ
  • 地区:清里区

微証・伝来

上原能登一成は、京都学問所「土御門殿」に入門し学術を修め、帰郷後は自宅で塾を開いて広く学問を奨めました。さらに明治になってからは旧櫛池村初代村長を務めました。「算術秘伝」「道中先触」などの文書が残っています。