深鉢形土器

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年5月29日更新

深鉢形土器(画像)
(市指定、考古資料)

  • 名称:深鉢形土器
  • (名称ふりがな)フカバチガタドキ
  • 地区:名立区

微証・伝来

縄文時代中期(4,500~5,000年前)のもので、大イナバ遺跡から出土しました。

全体に直線・曲線文を施し、口辺に鶏のトサカのような「鶏冠状把手」を持つ独特の形です。マツリに関係する土器とも考えられています。このような土器は、信濃川流域を中心に分布する新潟の代表的な縄文土器です。