石造仏頭

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年5月29日更新

石造仏頭(画像)
(県指定、彫刻)

  • 名称:石造仏頭
  • (名称ふりがな)セキゾウブットウ
  • 地区:三和区

微証・伝来

江戸時代に、地蔵は水吉地蔵屋敷から移されたもので、如来と観音は開田したときに出土したものと伝わっています。通称「首切り地蔵」と呼ばれています。造られた時代から差し込み式石仏(自然石でできた肩から下の部分に、仏頭を差し込む)と推定されています。仏頭だけでも約1mもあり、全国でも数少ないといわれるものです。