トップページ > 上越市の文化財 > 真宗古写聖教類

真宗古写聖教類

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年5月29日更新

真宗古写聖教類(画像)
(県指定、書跡・典籍)

  • 名称:真宗古写聖教類
  • (名称ふりがな)シンシュウコシャショウギョウルイ
  • 地区:旧上越市

微証・伝来

応永年間(1394~1428年)に書写されたものがほとんどで、今も残る真宗聖教の中でも古写本に位置づけられます。京都本願寺に留学した浄興寺6世善宗(ぜんしゅう)・7世性順(せいじゅん)・8世周観(しゅうかん)らが、修学に際して、本願寺の門主や先師から与えられたといわれています。