トップページ > 上越市の文化財 > 本願寺歴代門主書状

本願寺歴代門主書状

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年5月29日更新

本願寺歴代門主書状(画像)
(県指定、書籍・典籍)

  • 名称:本願寺歴代門主書状
  • (名称ふりがな)ホンガンジレキダイモンシュショジョウ
  • 地区:旧上越市

微証・伝来

歴代門主からの書状が30通伝来しています。これらの書状は、本願寺初期の教団の様子や地方寺院との関係を知る手掛かりであり、本願寺の東西分派に至る真宗史の重要な内容を含んでいます。

内訳

  • 存如(ぞんにょ)4通
  • 蓮如(れんにょ)6通
  • 実如(じつにょ)1通
  • 証如(しょうにょ)1通
  • 顕如(けんにょ)2通
  • 教如(きょうにょ)6通
  • 宣如(せんにょ)10通

存如書状は、浄興寺を含めて、京都東本願寺に1通、本誓寺(上越市寺町)に1通のあわせて6通を数えるにすぎません。