トップページ > 上越市の文化財 > 木造大日如来坐像

木造大日如来坐像

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年5月29日更新

木造大日如来坐像(画像)
(県指定、彫刻)

  • 名称:木造大日如来坐像
  • (名称ふりがな)モクゾウダイニチニョライザゾウ
  • 地区:清里区

微証・伝来

平安後期の作と推定されています。普泉寺で秘仏として33年ごとに御開帳を行っています。伝説によると、天台宗東山寺三千坊の一坊の馬屋大日堂の本尊でしたが、江戸時代に普泉寺に移されました。