ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

上越市

サイトマップ

背景色を変える

文字の大きさ

キーワードで探す

現在地トップページ > 組織でさがす > 都市整備課 > 高田城址公園の桜を100年後に残そう「桜プロジェクトJ」

高田城址公園の桜を100年後に残そう「桜プロジェクトJ」

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年11月9日更新

上越市の大切な資産でもあり、また、観光資源としても重要な高田城址公園の桜。
100年後も元気な桜を目指してみんなで守り育てるため、樹木を保護するボランティア団体や公募市民とともに活動しています。

「桜プロジェクトJ」メンバー募集

活動内容

桜の保護、育成作業、桜に関する情報発信、研修会など

令和4年度の活動予定

  • 第7回  2月中で日程を調整中
    オンライン講習会(「公益財団法人 日本花の会」による桜や樹木、植物に関する講習会)
  • 第8回 3月11日(土曜日)
    冬期間の桜観察調査と手当ての研修

活動場所

高田城址公園ほか

対象

どなたでも参加可能(小学3年生以下は保護者同伴)

参加費

無料

申込方法

申込票に必要事項をご記入のうえ、都市整備課、南出張所・北出張所、各総合事務所にお持ちいただくか、郵送、ファックス、電子メールのいずれかの方法で申し込みください。

メンバー募集チラシ「桜プロジェクトJ」 申込票[PDFファイル/510KB]メンバー募集チラシ「桜プロジェクトJ」申込票 [Wordファイル/3.44MB]

その他

  • ボランティア活動保険にご加入のうえご参加ください。(年間350円程度)
  • 活動の詳細については、お申し込み後ご案内いたします。
  • ご不明な点は都市整備課までお問い合わせください。

令和4年度「桜プロジェクトJ」活動の様子

令和4年度 第3回(令和4年7月23日)

荒天予報により中止となりました。

令和4年度 第2回(令和4年6月23日)

  • 土壌改良作業
  • 堆肥の積替え
  • コスカシバ防除用交信かく乱剤設置作業

今年度2回目の活動を行いました。当日は好天に恵まれ、夏さながらの暑さの中での作業となりました。
初めの作業は、堆肥による土壌改良です。今回は忠霊塔付近を重点的に行いました。

 桜の樹下の土壌改良で穴を掘る参加者等の様子(写真) 土壌改良のために掘った穴にたくさん、砂利が出た様子(写真)

桜の枝先あたりを目安として、スコップで放射状に穴を掘ります。掘り進めると、敷き詰められたような密度で砂利の出てくる箇所があります。これでは、桜の木が根を深く、強く張ることができません。

 参加者が掘削度から除いた砂利(写真) 

掘削土から砂利を取り除きます。

堆肥と土を混ぜ合わせる前の様子(写真) 堆肥と掘削土を混ぜ合わせる様子(写真)

その後、掘削土と堆肥を混ぜ合わせます。

埋め戻しが完了した様子(写真)

掘った箇所に埋め戻して完了です。土壌を柔らかくして、根の伸長を促進することがねらいです。

 

土壌改良の後は、堆肥の天地返しを行いました。

 堆肥の天地返しで発酵促進剤を撒いた後、落葉をかぶせる様子(写真) 参加者が堆肥の天地返しをする様子(写真)

水と発酵促進剤を混ぜます。

参加者が天地返しで再び養生する様子(写真)

天地を返して、再び養生します。

 

続いて、コスカシバ防除用交信かく乱剤の取付けです。

参加者によるコスカシバ防除用交信かく乱剤の取付けの様子(写真) 別の参加者がコスカシバ防除用交信かく乱剤を取り付ける様子(写真)

桜の天敵、害虫・コスカシバは雌が出す性フェロモンと言う物質の匂いに雄がひかれて出会い、交尾・産卵します。この製品には性フェロモンが封入されており、棒状になっている一本一本を捻じ曲げながら枝にかけていくことで効力を発揮し、雄が混乱して雌に辿り着けず、結果的に増殖を防ぐという効果につながります。高田城址公園では、一昨年から取付けを始めました。

コスカシバによる被害が少しでも減っていくことを期待したいと思います。

令和4年度 第1回(令和4年5月26日)

  • お礼肥え作業、名札作り
  • 桜長寿命化計画の説明
  • 昨年取り付けたコスカシバ防除用交信かく乱剤の取り外し

今年度最初の活動を行いました。天候に恵まれ、ほんのりと心地よい汗をかきながらの作業となりました。

初めの作業は、お礼肥えです。平年並みでも厳しい冬を越えて迎えた今年の春もまた、桜は綺麗に咲いてくれました。
咲き終えて疲れている桜が、これから来年の開花に向けて力を蓄えていきます。

参加者が分散しお礼肥えの作業に着く様子(写真) 参加者が手分けしてお礼肥えを行う様子(写真)

特に地面の固いところはより力が必要ですが、皆さんが手際よく作業をすすめていきます。

お礼肥え作業で参加者が固い地面をほぐす様子(写真)

「今年も綺麗な桜をありがとう。」参加者一同、感謝の気持ちを込めて肥料の施用を行いました。

お礼肥え作業の後、今年度最初の活動にあたり、高田城址公園桜長寿命化計画の第二期計画(5か年計画の今年は4年目)について、事務局からその概要を説明しました。
高田城址公園桜長寿命化計画第二期計画(概要版)についてはこちらをご覧ください。

参加者が桜長寿命化計画の概要説明を聞く様子(写真)

続いて、桜の名札作りを行いました。桜見本園に設置したもので、劣化したり見えにくくなったりした名札を更新します。

参加者が桜の名札を作る様子(写真) 参加者が手作りした桜の名札(写真)

しばし集中。それぞれに技術と思いがこもった、味わい深い作品が並びました。

参加者が協力して桜の名札を取り付ける様子(写真)

取付けも全員で協力して行いました。

その後、昨年取り付けたコスカシバ防除用交信かく乱を取り外す作業を行い、第1回の活動を終了しました。

参加者がコスカシバ防除用交信かく乱剤を取り外す様子(写真) 参加者がスカシバコン取外し作業で協力し合う様子(写真)

ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。

一同記念撮影(写真)

次回は土壌改良、コスカシバ防除用交信かく乱剤取付けを予定しています。

花数調査(令和4年4月6日)

桜プロジェクトJの活動による効果の目安のひとつとして、高田城址公園内の桜について、花芽一つあたりにいくつの花が咲いているのかを調べてみました。「花数調査」の実施は3年ぶりになります。

翌4月7日に開花宣言となりましたが、当日は寒の戻りで桜も花冷えの模様。
しかし寒さもどこへやら、開花を心待ちにしていた多くのメンバーが参加し、3年前と同じ3本の桜を調査しました。

調査に先立ち、樹木医から桜の枝の伸長や花の特徴などを教わりながら、花数調査について説明を受けました。
花数調査について説明を受ける参加者の様子(写真)

桜は一つの花芽に複数の花を咲かせます。
ソメイヨシノは、一般的には6個以上で「旺盛」、4、5個で「健康」、3個以下は「衰弱気味」と言われています。
花数を調査するメンバーの様子(写真)

順番に、3本のソメイヨシノの花数を調べました。
枝を引っ張り過ぎたりすると、折ってしまう危険性があります。今回の調査は、樹木医監修のもと実施しています。
公園の桜を間近に観察したり、数を数えてみたい方は、是非桜プロジェクトJにご参加ください。
違う木の花数を調査する参加者の様子(写真)

3本の桜を全員でランダムに調査した結果、平均の花数は3.4~3.8個。3年前、初めて行った花数調査では2.9~3.3個でした。
高田城址公園の桜の木が「元気になっている」ことがはっきりと分かりました。
今後、もっともっと元気に花がたくさん咲くよう、本プロジェクトの活動に力を入れていこうと一同、決意を新たにしました。
桜の花芽の様子(写真)

今年度第1回の活動は5月28日土曜日、「お礼肥え、堆肥積替え、名札作り、桜長寿命化の説明」を予定しています。

これまでの活動の様子

昨年度までの活動の様子

桜プロジェクトJ通信

発行年度 通算発行回数 発行年月 桜プロジェクトJ通信
令和3年度 第21号 令和3年12月 通信第21号 [PDFファイル/844KB]
第20号 令和3年9月 通信第20号 [PDFファイル/718KB]
第19号 令和3年6月 通信第19号 [PDFファイル/924KB]
令和2年度 第18号 令和2年12月 通信第18号 [PDFファイル/1.26MB]
第17号 令和2年9月 通信第17号 [PDFファイル/1021KB]
第16号 令和2年6月 通信第16号 [PDFファイル/576KB]
令和元年度 第15号 令和1年11月 通信第15号 [PDFファイル/1.08MB]
平成30年度 第14号 平成31年3月 通信第14号 [PDFファイル/446KB]
第13号 平成30年11月 通信第13号 [PDFファイル/671KB]
第12号 平成30年8月 通信第12号 [PDFファイル/1.03MB]
平成29年度 第11号 平成30年3月 通信第11号[PDFファイル/573KB]
第10号 平成29年11月 通信第10号[PDFファイル/672KB]
第9号 平成29年8月 通信第9号 [PDFファイル/820KB]
第8号 平成29年5月 通信第8号 [PDFファイル/704KB]

関連リンク

桜プロジェクトJに関するお問い合わせ先

桜プロジェクトJ 事務局(上越市都市整備課公園管理係)
 〒943-8601
 新潟県上越市木田1丁目1番3号
 電話:025-520-5766
 ファックス:025-526-6112
 メールアドレス:sakura-project-j@city.joetsu.lg.jp(迷惑メール防止のため、「@」を全角にしています。メール送信時は「@」を半角にしてください。)

上越市

〒943-8601 新潟県上越市木田1-1-3電話:025-526-5111Fax:025-526-6111

ページの先頭へ